スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗うつ薬による下痢の機序

消化現象は腸管の内皮細胞内に存在する腸クロム親和性細胞が
刺激を受けて腸管組織内に5-HTを放出することから始まる。

5-HTの刺激は、5-HT3受容体および5-HT4受容体を介して、
腸管の筋肉に伝わって収縮が増強され、腸管運動が亢進される。

抗うつ薬、特にSSRIやSNRIは強い5-HTトランスポーター阻害作用を有しているため、
腸管組織内に放出された5-HTの再取り込みを阻害し、
シナプス間隙中に5-HTを長時間、高濃度に保持させる。

これにより腸管の蠕動運動が亢進し続け、その結果、下痢が引き起こされる。
三環系抗うつ薬も5-HTトランスポーター阻害作用を持つが、
同時に強い抗コリン作用も有しており、
相対的に下痢よりも便秘の発現頻度が高い傾向となる。

なお、5-HT3や5-HT4受容体の刺激作用に由来する下痢は
発現しても1週間程度で治まるとされている。

三輪 高市,精神系用薬でなぜ下痢は起こるの?,薬局 Vol62 No.3 (370-375)2011より引用



体の中の5-HT(セロトニン)は95%が消化器内に存在しているらしい。
それで抗うつ薬で消化管系の副作用が出やすい。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 雑誌「薬局」 抗うつ薬

主な抗うつ薬の作用プロファイル一覧

日病薬誌のうつ病特集の記事より

分類 -般名商品名主な薬理作用
モノアミン再取込阻書作用 受容体遮断作用
NA5-HTDAα1α25-HT25-HT3HistMDA
三環系ィミプラミントフラニール++++-++


++++++++
アミトリプチリントリプタノール++++-+++++++
++++++++++
クロミプラミンアナフラニール+++++++±++


++++++++
トリミプラミンスルモンチール++++-++


++++++++
ノルトリプチリンノリトレン+++++-+


++++++
ロフェプラミンアンプリット++--++


++++++++
アモキサビンアモキサン++++++±+


++++
ドスレピンプロチアデン+++++-++


++++++
四環系マプロチリンルジオミール++++--++


+++++
ミアンセリンテトラミド ++ - - + + +++ +++ +++++ ±~+ -
セチプチリンテシプール++--++

+++±~+
SSRI フルボキサミンルボックス
デプロメール
-++++-±±-
++- -
パロキセチンパキシル ++ +++++ + - ± -
++ + -
セルトラリンジェイゾロフト + +++++ ++ ++ + -

++ - -
SNRi ミルナシプラントレドミン +++ ++++ - - -

+ ± -
デュロキセチンサインバルタ +++++ +++++ - - - ±
± ± -
NaSSA ミルタザピンレメロン
リフレックス
- - - ± ++ ++++ ++++ +++++ ±~+ ±
その他 トラソドンデジレル - ++++ - ++
++
++++ +~++
スルビリドドグマチール - - -





++



仲村スイ子,うつ病における薬剤師の役割,日病薬誌 第47巻2号 (176-178),2011


こういう比較って豆知識にはなるけど
実際の薬物療法への生かし方がわからない。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 薬の比較 日病薬誌 抗うつ薬

ノリトレン(ノルトリプチリン)の即効性

2chのノリトレンスレ→http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1235087911/


テンプレ



《 良い 》
抗うつ効果が強い、 じっくり後押ししてくれる感じ、
不安感・焦燥感が減る、 飲むのを止めると効果が判る、 集中力が出る、
緊張から解放してくれる、 ナチュラルな底上げ感、 疲れない、
視界が広がる、 パキシルのように感情がフラットにならない、
パニック障害に効く、 食欲が減り痩せた、 過食嘔吐が止まった、
耐性がつかない、 胃腸に優しい、 十二指腸潰瘍が激減、 眠気が無い、
口渇が無い、 太らない、 便秘しない、 吐き気が無い、 性欲低下が無い、
アカシジアが出ない、 甘い、 SSRIより副作用が少ない、 SNRIより効く、
75mmから100mmに増量で効果を感じた、   
SSRIやSNRIとの併用で劇的に効いた(が、副作用も強かった) 
デパスと併用で良い感じ、 古い薬だが定評が有り使い慣れた医師は上手く使う、 
眠りが深くなり神経の疼きに効く感じ、 起き抜けがすっきりして行動的になる、
花粉症に効く(抗ヒスタミン効果)、 頓服で飲んでも効果を感じる、 
SSRIやSNRIより断薬症状が少ない、 薬価が安い


悪い点もいろいろあるけど、


この頓服で飲んでも効果を感じるというのは自分でも実感している。


薬や治療の勉強していると


基本的に抗うつ薬は効き始める(効果発現)まで


2週間から4週間かかるというのが通説である(多分)


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%97%E3%81%86%E3%81%A4%E8%96%AC


こうした知識だけだと頓服で効くなんてあるはずがないと思うだろう。


でも実際飲んで30分くらいしたら


明らかに他の薬を飲んでも起こらないような


底上げ感というか抑鬱感が一定より落ちないという効果を感じる。


今までトレドミン、パキシル、ルボックス、アモキサン、トリプタノールの服用歴があるが


どれも即効性は感じなかったからプラセボ効果ではない(と思う)


ノリトレン以外ではリーマスも同様の即効性を感じたことがある。


しかしリーマスは中断したらその即効性は得られなくなってしまった・・・。



↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村



関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 抗うつ薬 薬の感想

抗うつ薬の比較 レメロン、パキシル、ルボックス、ジェイゾロフト

内科開業医のお勉強日記 抗うつ薬同士の比較:メタアナリシス

http://intmed.exblog.jp/7871039/


以下はケアネットニュースの引用



有効性(反応率)の評価時期は平均8.1週間。12の抗うつ薬のうち、ミルタザピンの有効性が最も高く、日本で発売されている4剤ではジェイゾロフトが最も高い。ジェイゾロフトの有効性(オッズ比)はパキシルの1.22倍、ルボックス/デプロメールの1.27倍より有意に高かった。


有効な薬はパキシル、デプロメール、プロザックより1.3倍くらい有効ということか。


抗うつ薬はどうしても相性があるので、


よく効く人が多いから自分にも効くというわけではないのが悲しいところ。


自分はノリトレン50mg/Dayで安定しているし、


他の薬の副作用も好きではないのでこのまま変更は望まない。


内科開業医のお勉強日記「抗うつ薬は重症うつにしか効果がない?」

http://intmed.exblog.jp/6871663/


このような結果もあるらしい。


抗うつ薬の有効性というのは限られているというか、


罹病期間が長くなると薬だけでは治らないことに気付く。


原因を取り除くか認知療法で考え方を修正するのがいいかもしれない。


普通に考えれば辛いことを考えて辛くなってるんだったら、


考えないようにすればいいだけなんだが・・・。


どうしてもできないというかマイナスイメージに取り憑かれたようになるんだよな。



↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村



関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 抗うつ薬 薬の要点

カウンタ
プロフィール

テツ

Author:テツ
僻地の小規模病院の薬剤師です。


ブログ引っ越ししました。
https://bipop.net/

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 薬の豆知識 レビュー ジェネリック医薬品 薬の要点 薬の比較 便利 緩和ケア 気になる記事 降圧薬 腎機能と薬物治療 薬価 抗菌薬 利尿薬 鎮痛薬 雑誌「薬局」 漫画 アンケート 医療用麻薬 ジェネリック医薬品メーカー 調剤 日病薬誌 薬物動態 インターネット 音楽 ステロイド 抗うつ薬 エクセル 脳梗塞治療 喘息・COPD 薬の感想 薬剤管理指導 android 輸液 糖質制限 ハイリスク薬 抗不安薬 糖尿病 ローカルドラッグ 腎機能 ACCESS 新薬 医療安全 お得 簡易懸濁法 医薬品の価格 抗血小板薬・抗凝固薬 ワクチン 院内感染対策 薬の管理 育児 ゲーム 配合変化 点眼薬 名前の由来  病院機能評価 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。