スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんの痛みは我慢しないで早期から治療したほうがよい、いくつかの理由

参考資料を自分なりに解釈して文章にしようと頑張ってみたが、
自分でも一部よくわからない文章になった。

●末梢性感作

がん細胞周囲に誘導された免疫細胞やがん細胞により
末梢神経が色々な伝達物質などによって刺激を受ける。

末梢神経は刺激を受け続けることにより、
興奮性を増し、
刺激閾値を低下させる。
(閾値の低下=以前よりも少しの刺激で痛みが生じるようになる)
そして痛覚過敏やアロディニアの原因となる。

このように痛みの持続によって痛みが起こりやすくなることを
感作と呼ぶ。

●中枢性感作

末梢から脊髄への持続的な強い痛みの入力が続くと、
中枢神経系の興奮が持続する。
その結果外傷や炎症などの直接的な刺激ではなくても
痛みが誘発されるようになる。

●関連痛

がんからの持続的で強い痛み刺激が入力される脊髄レベルでは、
痛みを伝達する神経以外にも感作が発生する。
本来痛みがないところにも痛みを感じるようになる。
(内蔵の痛みが肩や皮膚の痛みも発生させることがある)

●解熱消炎鎮痛剤の作用

ロキソニン、ハイペン、モービック、ボルタレンなど
がんの痛みに使われる解熱消炎鎮痛剤(NSAIDs)は
痛みや炎症を増強させる物質(プロスタグランジン)の産生を阻害する。

既に出てしまったプロスタグランジンを抑える作用はない。

プロスタグランジンを出来るだけ産生させないように
定期的に解熱消炎鎮痛剤の内服をすることが
プロスタグランジンの産生や炎症を抑え、痛みの予防につながる。

●解熱消炎鎮痛剤による骨転移痛への効果

がんの骨転移による骨破壊は
破骨細胞の骨吸収作用(骨からカルシウムが血液中に放出される作用)が
過剰になりすぎて起こる。

プロスタグランジンは破骨細胞の働きを促進しているため
解熱消炎鎮痛剤によってプロスタグランジンの産生が抑えられると
痛みが抑えられるだけではなく
骨破壊の進行も抑制できる可能性がある。

参考

がんと痛み̶臨床の立場から̶ 日薬理誌(Folia Pharmacol. Jpn.)127,171~175(2006)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/127/3/127_3_171/_pdf

がんの痛みネット 痛みをがまんすることで何が起こる?
http://www.itaminai.net/pain/p7.html

がん疼痛管理におけるNSAIDsの位置づけ
http://medical.radionikkei.jp/entry-157335.html

日本ペインクリニック学会 痛みの悪循環 痛みが痛みを引き起こす
http://www.jspc.gr.jp/gakusei/gakusei_grounding_02.html

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 緩和ケア

悪液質の解釈

悪液質という言葉が苦手だ。
字ヅラからしてどういう状態なのかわかりにくい。

ガンの辞典 ガン悪液質(癌性悪液質)
http://www.gan-jiten.com/about/01/post_61.html

がん悪液質症候群とコルチコステロイドによる症状緩和
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspen/23/4/23_4_623/_pdf


悪液質飢餓状態

体重減少、低栄養状態
基礎代謝維持or亢進低下
糖代謝回転維持or亢進低下
タンパク分解亢進低下
組織の動員脂肪組織と骨格筋ともに動員脂肪組織より動員、骨格筋は温存
食欲低下低下
栄養療法に対する反応なしあり

余宮きのみ,ここが知りたかった緩和ケア,2011 p141から引用

※ここからは自分の勝手な解釈です。

がんに対する免疫反応でサイトカインが大量に分泌されて
炎症が慢性化し、悪液質に陥る。

食事や輸液からの栄養は体内で栄養として活かされず、
体内の脂肪や筋肉などが栄養源として
どんどん消費される。

その結果、体重減少、活動性の低下、倦怠感、食欲不振の症状が現れる。

食事や輸液などの外からの栄養補給は、
悪液質の状態になるとほとんど活用されず、
腹水や胸水、腸液、浮腫として溜まってしまう。
そのため悪液質の状態になった場合は輸液を減らすことが、
苦痛の軽減につながる。

悪液質の判断としては食欲不振の有無と栄養療法に対する栄養状態の改善の有無など。

治療はステロイド。
それも多めにいったほうが良いようだ。
デカドロンやリンデロンなら1日4~8mgくらいかな。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 緩和ケア

非定型抗精神病薬等の作用する受容体比較 制吐薬として使用するコツ

商品名成分名制吐作用を示す受容体との結合能錐体外路
症状
糖尿病は
禁忌
D2
CTZ/末梢
5-HT2
(中枢)
5-HT3
(CTZ・末梢)
H1
(前庭)
M
(末梢)
ルーランペロスピロン

++なし
リスパダールリスペリドン

+++
ジプレキサオランザピン禁忌
セロクエルクエチアピン
禁忌
ノバミンプロクロルペラジン


++++なし
セレネースハロペリドール



++++なし
トラベルミンジフェンヒドラミン
ジプロフィリン




なし
プリンペランメトクロプラミド


+++なし
カイトリルグラニセトロン




なし



悪心にとりあえず対応するコツとして
抗ドパミン薬と抗ヒスタミン薬を組み合わせる。

単剤で複数の悪心のメカニズムに作用する非定型抗精神病薬が
緩和ケアの分野でも使用されている。

従来の抗精神病薬(ノバミン、セレネース)に比べて、
錐体外路症状が少なく複数のメカニズムを持つという点で利点が大きい。

難治性の悪心の場合には最も広範囲の作用機序を有し、
半減期の長いオランザピン(ジプレキサ)が有用だ。

非定型抗精神病薬を使用するときは定形抗精神病薬(ノバミン、セレネース)は中止。
併用する意味は無い。

ジプレキサ(オランザピン)、セロクエル(クエチアピン)は薬を一旦中止しても
よく聞く印象がある。

ジプレキサ(オランザピン)、セロクエル(クエチアピン)は
糖尿病禁忌だが、摂取カロリーが少ない患者には使用出来る場合が多い。

ルーラン(ペロスピロン)、リスパダール(リスペリドン)は
単剤で効果不十分なら
トラベルミンを併用してみるとよい印象がある。
ハロペリドールと同様、悪心への保険適応はないことに留意する。

余宮きのみ,ここが知りたかった緩和ケア,南江堂,2011,pp154-157から引用 一部改変


↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 薬の比較 緩和ケア

[本]ここが知りたかった緩和ケア



タイトルに偽りなし。
埼玉県立がんセンター 緩和ケア科 余宮きのみ先生の本。

緩和ケアガイドラインOPTIMというサイトなど
無料で読める参考資料がいくつかあって、
読めば大体どうすればいいかわかった気になる

しかし、いざ実践するとなると、
実際患者に適応するときになって細かいことが気になったり
「ガイドライン通りの治療をしても難渋する症例はどうすればいいのか」
ということがわからない
具体的な薬の使い方やタイミング、副作用管理などのこと。

それを示してくれるのがこの本。

特に
ステロイドの具体的な使い方、副作用対策
ミダゾラム少量持続投与
痛みが取れないとき
悪心、嘔気がとれないとき
せん妄が出現したとき
注射薬で睡眠コントロールをするとき
注射のセレネースにはアキネトンを併用すべきか
などなど

具体的な考え方や解決への実践法が載っている。

知りたいと思っていたことが載っている本だったが、
ちゃんと勉強するか常にそばに置いておかないと
まだ覚えきれていない。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : レビュー 緩和ケア

メトロニダゾール軟膏の感想

※今回の記事で不快な思いをされた方がいたら申し訳ありません。

以前の記事でメトロニダゾール軟膏の調剤について書いた。

使用して5日間ほど経ったのでまず看護師さん達に感想を聞いたら、
口を揃えて、匂いはかなりマシになったとのこと。

患者さんのところに行ってみたら家族の人もいて、
処置のときの痛みも減ったようだと教えてくれた。

入院当初は入院前の処置法を踏襲してゲーベン(消毒薬=細胞破壊薬)使ってたので
痛かっただろうと思う。

匂いも本当に減った。

前は部屋に入った瞬間非常に匂いがしたが、
今は「なんかちょっと他の部屋と違う匂いがするな」という感じだ。
少なくとも臭くはないと感じた。

前の匂いが10としたら今は2くらいの感じだ。
こうして効いてくれるとこちらも軟膏の作りがいがある。

処置内容も変更していた。
以前はガーゼで覆うだけだったが、
それでは外側に浸出液が漏れ出して衣類などを汚染していることがあったらしい。

新しい創傷治療の皮膚に露出した悪性腫瘍の処置というページを参考に
穴あきの袋とおむつがいいんじゃないかと提案だけしたら、
代替え法としてメロリンガーゼとおむつで覆うという方法を行っていた。

何にせよ最初の患者さんで成功して良かった。
週末気になっていたので一安心

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 緩和ケア

カウンタ
プロフィール

テツ

Author:テツ
僻地の小規模病院の薬剤師です。


ブログ引っ越ししました。
https://bipop.net/

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 薬の豆知識 レビュー ジェネリック医薬品 薬の要点 薬の比較 便利 緩和ケア 気になる記事 降圧薬 腎機能と薬物治療 薬価 抗菌薬 利尿薬 鎮痛薬 雑誌「薬局」 漫画 アンケート 医療用麻薬 ジェネリック医薬品メーカー 調剤 日病薬誌 薬物動態 インターネット 音楽 ステロイド 抗うつ薬 エクセル 脳梗塞治療 喘息・COPD 薬の感想 薬剤管理指導 android 輸液 糖質制限 ハイリスク薬 抗不安薬 糖尿病 ローカルドラッグ 腎機能 ACCESS 新薬 医療安全 お得 簡易懸濁法 医薬品の価格 抗血小板薬・抗凝固薬 ワクチン 院内感染対策 薬の管理 育児 ゲーム 配合変化 点眼薬 名前の由来  病院機能評価 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。