スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

院内でベンゾジアゼピン系処方が減少傾向

院内処方でベンゾジアゼピンがやや減少傾向
デジレルを代替えに使うことが多いので比較

個別(ベルソムラ、レクサプロあり)


まとめてデジレルと


ベンゾをゾルピデムとまとめてデジレルと


こうなった理由はわかっている

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

tag : 薬の比較

非定型抗精神病薬等の作用する受容体比較 制吐薬として使用するコツ

商品名成分名制吐作用を示す受容体との結合能錐体外路
症状
糖尿病は
禁忌
D2
CTZ/末梢
5-HT2
(中枢)
5-HT3
(CTZ・末梢)
H1
(前庭)
M
(末梢)
ルーランペロスピロン

++なし
リスパダールリスペリドン

+++
ジプレキサオランザピン禁忌
セロクエルクエチアピン
禁忌
ノバミンプロクロルペラジン


++++なし
セレネースハロペリドール



++++なし
トラベルミンジフェンヒドラミン
ジプロフィリン




なし
プリンペランメトクロプラミド


+++なし
カイトリルグラニセトロン




なし



悪心にとりあえず対応するコツとして
抗ドパミン薬と抗ヒスタミン薬を組み合わせる。

単剤で複数の悪心のメカニズムに作用する非定型抗精神病薬が
緩和ケアの分野でも使用されている。

従来の抗精神病薬(ノバミン、セレネース)に比べて、
錐体外路症状が少なく複数のメカニズムを持つという点で利点が大きい。

難治性の悪心の場合には最も広範囲の作用機序を有し、
半減期の長いオランザピン(ジプレキサ)が有用だ。

非定型抗精神病薬を使用するときは定形抗精神病薬(ノバミン、セレネース)は中止。
併用する意味は無い。

ジプレキサ(オランザピン)、セロクエル(クエチアピン)は薬を一旦中止しても
よく聞く印象がある。

ジプレキサ(オランザピン)、セロクエル(クエチアピン)は
糖尿病禁忌だが、摂取カロリーが少ない患者には使用出来る場合が多い。

ルーラン(ペロスピロン)、リスパダール(リスペリドン)は
単剤で効果不十分なら
トラベルミンを併用してみるとよい印象がある。
ハロペリドールと同様、悪心への保険適応はないことに留意する。

余宮きのみ,ここが知りたかった緩和ケア,南江堂,2011,pp154-157から引用 一部改変


↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 薬の比較 緩和ケア

プラビックスのジレンマ(2012/10/5)

2012/10/5更新
コメントを頂いてネット検索してみましたが、
プラビックス(クロピドグレル)のCYP多型による影響は
考えられているより少ないかもしれないという記事がありました。

クロピドグレル群においてCYP2C19機能喪失型対立遺伝子を
有する患者における心血管イベント発症率は11.2%/年、
それ以外の患者において10.0%/年でした。

http://www.astrazeneca.co.jp/activity/press/2010/10_08_31.html



六号通り診療所所長のブログ
CYP2C19の多型とクロピドグレルの効果について
http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2011-08-24




以下2011/1/20記載
プラビックスを飲んでいても再発した非心原性脳梗塞の患者さんに、
どういう抗血小板療法がいいのか聞かれたが、
難しくてはっきり答えられなかった。

この機会に脳梗塞の慢性期の抗血小板療法(主にプラビックスとアスピリン)まとめ。

アスピリンは慢性期の脳梗塞を減らすが、
本当に「再発予防」できる人は限られている。

 抗血小板薬は脳梗塞の再発を有意に低減することが
欧米人を中心とするデータベースにより示されている(Ⅰa)。
ただし、アスピリンおよびチクロピジンの
number needed to treat(NNT:その治療をある期間続けることによって
1人の患者が恩恵をこうむるために必要な投薬患者数)は
約3年間の観察で26~28に過ぎない。
またシロスタゾールも同じく3 年の観察でNNTは18.7と
降圧薬とほぼ同程度のNNTである。

脳梗塞の再発予防には抗血小板薬の投与のみならず、
高血圧症など他の危険因子の治療も重要である(Ⅰb)。

脳卒中ガイドライン2009より
http://www.jsts.gr.jp/guideline/103_109.pdf



脳梗塞が起きた患者26人を低容量アスピリン3年間投与して、
再発予防できるのは1人。
残り25人は投与していても再発する。

脳梗塞をおこした患者100人いたら何もしなければ22人発症
低容量アスピリン投与でそれが18人に抑えられるくらいの効果。

プラビックスはアスピリンと比較すると
約2年で心血管イベント(脳梗塞、心筋梗塞、血管死)が
プラビックス:5.32%
アスピリン:5.83%

相対リスク減少8.7%

抗血栓療法トライアル CAPRIE試験 1996
http://www.ebm-library.jp/att/detail/60242.html



ハイリスク者に限ればもう少し効果がよくなるらしいが、
それでも予防効果はアスピリンより少しだけ高いくらいか?

On-treatment解析による相対リスク低下率は9.4%、
NNTは196人/年であった
[実際の臨床例では絶対リスクがより高いことなどexternal validityを勘案すると、
NNTは70人/年となる(CAPRIE Actual Practice Rates Analysis Study Group)]。

脳梗塞既往例のみについてみると、
クロピドグレル群の虚血性脳卒中、心筋梗塞または血管死の発生の
相対リスク低下率は7.3%(p=0.26)、
脳卒中発生の相対リスク低下率は8%(p=0.28)であった。


脳卒中ガイドライン009
http://www.jsts.gr.jp/guideline/103_109.pdf



NNTが200人程度だと、
「アスピリンからプラビックスに変えたことで発症しなかった人」は
1年で1/200となかなかコストパフォーマンスが悪く見える。

脳梗塞既往のみだとアスピリンと有意差がない模様・・・。

また症候性動脈硬化性疾患(虚血性脳卒中あるいは心筋梗塞)の既往を有する
ハイリスク例における虚血性脳卒中、心筋梗塞または血管死の発生率(3年間)は、
クロピドグレル群20.4%、アスピリン群23.8%。
クロピドグレル群の相対リスク低下率は14.9%であった(95%CI 0.2~7.0%)
(p=0.045)(NNTは3年の観察で29。

但しこの研究の対象には日本人は含まれていない。

脳卒中ガイドライン2009より



ハイリスクなほどプラビックスが有効になると考えて良さそう。

副作用(出血イベント)は少しプラビックスのほうが少ない。
ただしこれはアスピリン325mgとプラビックスの比較。

[消化管出血:0.49% vs. 0.71%(p=0.05)](Ⅰb)。
脳卒中ガイドライン2009より



プラビックスはアスピリンを「はるかに上回る」効果はなさそうだという印象。
副作用も日本でのアスピリン用量をかなり超えている用量なので、
アスピリン100mgだったら有意差つかないんじゃないだろうか。

ただ、MRさんは「アスピリンよりはるかにいい薬です」と勉強会で言って、
医師も鵜呑みにしている感がある。

相対リスクじゃなくて絶対リスク低下とNNTを教えてくれと質問しても、
そのMRさんは資料がなくわからなかった模様。

そして一番心配なのがCYP多型のこと
内科開業医のお勉強日記:CYP多形型とClopidogrel(プラビックス)の治療効果
http://intmed.exblog.jp/7839512/

CYP2C19の機能が低い人(Poor Metabolizer)は
クロピドグレルが活性代謝物になれず
明らかにイベント抑制効果が劣るようだ。

そして日本人にはPMの人が20%存在する。

FDAの文書によると,クロピドグレルは肝臓のCYP2C19を介して
活性代謝産物に変化することからPM保有者の場合,
抗血小板作用が十分に得られず,心臓病や脳卒中,
心血管死の予防効果が減少する恐れがあるという。


同遺伝子のPMを保有する人の割合は人種により異なるが2~14%といい,
日本では20%程度存在するとも言われている。

同遺伝子の*2から*8のアレルのうち2つを有する場合にPMと診断される
。FDAが示したデータによると,
最も多く見られる多型は*2と*3でPMを有する白人の85%,
アジア人の99%にこれらのアレルが存在するという。

米FDAがCYP2C19代謝活性欠損者に対するクロピドグレルの安全性情報
http://mtpro.medical-tribune.co.jp/mtpronews/1003/1003048.html



MRさんは連続投与していれば徐々に効いてくるというようなことを言っていたが、
何を根拠に言っていたのかは不明

プラビックス服用者の脳梗塞再発時に急性期の再発予防薬として
脳卒中ガイドライン2009で推奨されているのは、
アスピリンのみなのでとりあえずアスピリンを投与するが、

プラビックスを信じきれないので当分併用したほうがいいのか、
プラビックスが効いていても発症した人なのか
プラビックスが効いていないから発症したのか

どう判断したらいいのかわからん。

薬価が高いのも問題
プラビックス275.8円:バイアスピリン5.8円
プラビックスの1日薬価はバイアスピリン47日分

アスピリンとプラビックスの併用は出血イベントが増えるらしく、
あんまり長期的に使いたくない。

プレタール(シロスタゾール)も脳梗塞再発予防効果があるが、
頻脈による心負荷増大が気になるし、
ただでさえ高齢者は心不全が多い。
βブロッカーで調節しながら投与すればいいのだろうか。

もし患者さんに心不全がなく徐脈だったら使いやすいから、
プラビックスとプレタール併用が再発予防「だけ」考えれば良さそうだが、
出血イベントのリスク上昇がどれくらいかわからないのでそれも不安。

というのが最近の悩みになっている。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 薬の要点 薬の比較 脳梗塞治療

辛夷清肺湯のメーカーによる違い

漢方薬は同じ名前でもメーカーによって配合や総量が違う。

今回は104番の辛夷清肺湯で比べてみる。
なぜこの漢方なのかというと
慢性副鼻腔炎で自分が飲んでいるため。
自分はなんとなくクラシエのものを服用している。
クラシエのみ1日2回ですむように3.75gの包装がある。(自分は2.5gを飲んでいる)

量の単位はグラム

ツムラクラシエオースギコタロー
シンイ2322
セッコウ5655
バクモンドウ5655
オウゴン3333
サンシシ31.533
チモ3333
ビャクゴウ3333
ビワヨウ2122
ショウマ11.511
1日総量7.57.51212
エキス量4.54.36.37.5
1日薬価127.5円100.5円92.4円106.8円



こうしてみるとクラシエ以外の配合比は一緒だった。

一日総量とエキス量が右側2つは多い。

量の差が何を意味しているのかはわからんけど
1回4gを1日3回というのはかなり多いという感じがする。
その分効くなら飲んでみたいが
卸に注文すれば翌日に届くくらいには流通してるんだろうか。
クラシエ辛夷清肺湯も2.5gを1日2回(朝は食後、夕は食前)という。
中途半端な飲み方をしているので 効いているのか効いていないのかいまいちわからない

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 薬の比較

ARBの薬価比較 平成24年度薬価板 アジルバ込み

2012/3/7

以前の記事の更新版

換算表
ARBの商品名成分名12345
ニューロタンロサルタン
25mg50mg
100mg
ディオバンバルサルタン20mg40mg80mg
160mg
ブロプレスカンデサルタン2mg4mg8mg12mg
アジルバアジルサルタン

20mg
40mg
アバプロイルベサルタン
50mg100mg

ミカルディステルミサルタン
20mg40mg
80mg
オルメテックオルメサルタン5mg10mg20mg
40mg



薬価

12345
ニューロタン37.7575.5143.4218.9217.3
ディオバン33.861.4114.8176.2223.7
ブロプレス38.872.3140.4216.2
アジルバ
68.5136.9205.4205.4
アバプロ34.2568.5130.5199261
ミカルディス34.6569.3142.4211.7198.6
オルメテック3668.2130.4198.6197.9



比較グラフ


ディオバン換算で120mgまではディオバン最安
最大量になると急にミカルディスとオルメテックが安くなる。
逆にアバプロは規格がないのもあって高くなる。

2012/05/04追記
アジルバ追加
アジルバの薬価基準がオルメテック+5%なのが謎。
オルメテック基準のためにブロプレスよりも安い。
アジルバは楕円形の錠剤なので
1/4錠にできず、一番小さい規格はなし。
アジルバ20mgを1.5錠(30mg)投与するのと、
アジルバ40mg1錠投与するのとで薬価が四捨五入で全く同じになった。
力価が2倍になったのに薬価が1.5倍にしかなっておらず
最大量では新薬なのに安いほうから数えて3番目

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 薬の比較 薬価

カウンタ
プロフィール

テツ

Author:テツ
僻地の小規模病院の薬剤師です。


ブログ引っ越ししました。
https://bipop.net/

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 薬の豆知識 レビュー ジェネリック医薬品 薬の要点 薬の比較 便利 緩和ケア 気になる記事 降圧薬 腎機能と薬物治療 薬価 抗菌薬 利尿薬 鎮痛薬 雑誌「薬局」 漫画 アンケート 医療用麻薬 ジェネリック医薬品メーカー 調剤 日病薬誌 薬物動態 インターネット 音楽 ステロイド 抗うつ薬 エクセル 脳梗塞治療 喘息・COPD 薬の感想 薬剤管理指導 android 輸液 糖質制限 ハイリスク薬 抗不安薬 糖尿病 ローカルドラッグ 腎機能 ACCESS 新薬 医療安全 お得 簡易懸濁法 医薬品の価格 抗血小板薬・抗凝固薬 ワクチン 院内感染対策 薬の管理 育児 ゲーム 配合変化 点眼薬 名前の由来  病院機能評価 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。