FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一包化されたアカルディ

アカルディ

夏場に患者さんが一包化されたアカルディを持参してきた。
そこに入っていたカプセルの画像。

画像のカプセルはでこぼこになってるだけだが、
実際は穴が開いているものも多く、
投与できなかったので後発薬のピモベンダン錠を取り寄せて処方してもらった。

院内採用薬ではないので今まで触れる機会がなかったが
一包化するとダメなんだなぁと実感。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 調剤

メトロニダゾール軟膏を作ってみた。

※今回の記事で不快な思いをされた方がいたら申し訳ありません。

悪性腫瘍の皮膚病変の悪臭(がん性の悪臭)を抑えるメトロニダゾール軟膏を使うべき機会が来て。
作ることにした。

作ることになって思ったが
院内製剤のうちではかなりハードルが低い部類に入るんじゃないだろうか。

まずメトロニダゾールの試薬が意外と簡単に手に入る。
うちみたいな僻地でも翌日に届く。
メトロニダゾール

5gで3500~4000円くらいなので錠剤にくらべればかなり高額だけど、
錠剤は粉砕して秤量して・・・という作業がかなり面倒。

院内製剤を作るにあたって注意すべき事項としては
有効性・安全性・安定性
患者さんと患者家族の同意
微生物汚染
工程の複雑さ
工程のマンパワー
製剤の費用(製剤の値段と、患者負担か病院の持ち出しか)

などがパッと調べた限りあるようだ。

有効性に関しては
医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/05/s0521-5.html
ここで議題に挙がるということが有効性をある程度証明しているような気がする。

安全性に関しては
メトロニダゾールは経口薬も外用薬(膣錠)もある。
ついでに言えば海外では静注薬もある.

外用としての副作用はフラジール膣錠の添付文書を見るとそんなに多くなさそう。
もし体内に吸収されても副作用はある程度予測できる。

安定性は
ちょっと資料が見つからず不明。

同意
家族の同意は簡単だが患者さんの同意は結構難しい。
メトロニダゾール軟膏を使うべき人が悪臭を自覚しているかどうかが
一番大事になってくる。

自覚していない人にこの製剤を投与する理由を伝えるのが。
非常に悩ましい。
というか使用している施設はどうやって説明しているんだろう・・・。

微生物汚染
普通の外用薬なので無菌レベルまで要求されない。
元々この軟膏を使うべき場所というのが、
嫌気性菌が多数繁殖していると考えられるところなので、
ある程度清潔であれば問題ないと思う。

無菌じゃないところに無菌のものを使う必要はないように、
長期間保存の予製をしなければ常識的な範囲の清潔でいいんじゃないだろうか。

調剤前に手を洗ってさらに手指消毒、使う器具もアルコールで拭く
必要に応じて未滅菌の手袋もつければ十分という感じがする。

工程の複雑さは製剤の均一化に大事そうなので、
できるだけ材料が少なく、工程が簡単で間違えないようなものが良い。

うちの病院では聖路加国際病院のレシピを参考にした。
がんサポート情報センター
http://www.gsic.jp/cancer/cc_25/mts02/02.html

病院薬局製剤の本には親水軟膏とメトロニダゾールだけの製剤も載っていた。

うちでやったのは
メトロニダゾールをプロピレングリコールに溶かして
親水軟膏と混ぜるだけなのでそれほど手間はかからない。
混ざりにくいということもないし、
混ざるとほんの少しだけ軟膏が黄色くなる気がするが
気のせいかもしれない。

マンパワーもまとめて作ればそこまでかからない。
いっそのことメトロニダゾール5gの容器に何回かに分けて
プロピレングリコール15mLを入れて溶かし、
親水軟膏の500gの容器にぶち込んで、
グリグリグリグリかき混ぜればいいんじゃないかと思った。
雑過ぎるかな・・・。

そうすると濃度は若干低下するが
「1%」という濃度に意味があるわけではなく、
0.8%の製剤を使っている医療機関も多いみたいだし。

製剤の費用は
1%メトロニダゾール軟膏 100gで
メトロニダゾール 800円+親水軟膏240円+プロピレングリコール数円で
1000円くらい。
人件費考えなければ1g13.9円のゲーベンよりは安い。

負担の問題はいわゆる「マルメ」病棟だと病院の持ち出し前提なので
あまり気にしなくて良いからこういうときに助かったりする。

今回の記事は色々論理の破綻がありそうな気がするが、
とりあえずメトロニダゾール軟膏の効果が出るといいなぁ。
悪臭の軽減効果は3~5日くらい使うと出てくるようだ。

患者さんに投与した感想を記事にしました。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 緩和ケア 調剤

浸透圧性下剤や膨張性下剤は1日1回投与で良い。

浸透圧性下剤
・塩類下剤:酸化マグネシウム等
・糖類下剤:ラクツロース(モニラック)
・電解質配合剤:ポリエチレングリコール(ニフレック)

膨張性下剤
・食物繊維:オオバコ皮
・カルメロースナトリウム(バルコーゼ)
・ポリカルボフィルカルシウム(コロネル・ポリフル)
・メチルセルロース

膨張性下剤や浸透圧性下剤は、
腸管蠕動運動遅延の病態では十分腸管内で混じるので、
1日1回の投与で十分であり、
分割投与は意味が無いとWaldは唱えている。
効果が出るまで量を調節する方が、
1日1回だからコンプライアンスもいいという。


林 寛之(2010)ステップビヨンドレジデント6 救急で必ず出会う疾患編Part3,羊土社,pp120より引用 一部改変



上記の記載で参考にしている論文はおそらくこれ↓
http://www.amjmed.com/article/S0002-9343(06)00445-1/abstract


3日排便なしの患者さん
1.とりあえずマグミット錠330mg 2錠 2x
2.効かなかったから3錠 3x
3.それでも効かなかったから4錠 2x 
4.それでも効かなかったから6錠 3x

こういう例がたまにあるが、
原則入院患者は一包化で対応している病院だと
3錠 3x→4錠 2xの指示が薬剤師的に超めんどくさいのである。

特に薬カートにセットしてたりすると大変・・・。

マグミット添付文書の用法では

○緩下剤として使用する場合
酸化マグネシウムとして、
通常成人1日2gを食前または食後の3回に分割経口投与するか、
または就寝前に1回投与する



添付文書上は分割投与でも1回投与でもOKになっている。

というわけで最近は1日1回投与で医師に指示をもらうようにしている。
そのほうが下痢したときに
ナース側も一時的な減量や中止の対応しやすいんじゃないだろうか。
薬剤師も指示変更に対応しやすい。

マグミットは溶けやすいから
患者さんが飲みにくくなることもそんなにないだろうと思う。
もしクラビットなど相互作用を起こす薬剤が処方されたときも、
避けやすい。
割といいことが多いと個人的には思ってます。

医師にも知っておいて欲しいというか
医師向けの本にこういうのが書いてあると嬉しいですね。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 薬の豆知識 調剤

外用薬のチューブ、注射のアンプル、散剤の分包の実際量

軟膏チューブを搾り出すのは面倒な作業だ。

軟膏チューブって全部搾り出したらどのくらい入っているんだろう。
手だけで搾り出しても、うまくいって95%くらいしか絞り出せない。

注射のアンプルや散剤の分包品は1割くらい実際の量が多い。
モルヒネやフェンタニルなどの麻薬でさえ多く入っている。
10アンプル使ったら1アンプル分くらいの残量が残る。

5mLアンプルに5.5mL入っていたとしたら、
濃度は薄くないだろうから1割お得になると考えていいんだろうか。

散剤も以前ラックビー微粒を図ったことがあるが、
1gの分包品で1.1g入っていた。

結局何が言いたいかというと
外用薬のチューブ品も1割多く入れて欲しいということ。

チューブから出すのって、数が多かったら指痛いし疲れる。
軟膏絞り器欲しいけどそこまで頻度が高くないから、
言い出せないんだよな・・・。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

日常診療での薬の選び方・使い方

日常診療での薬の選び方・使い方

価格:4,095円(税込、送料別)

関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 日記・雑記 調剤

知らなかった・・・オイラックスの10gチューブの存在

基本的に無駄が嫌いなので、
薬局では極力チューブ包装や分包品を採用している。

最近患者さんの持ち込み薬で
オイラックスのチューブ包装を見て愕然としてしまった。

10gチューブなんてあったのね、オイラックス・・・。
あまりの自分の無知さ加減に凹む。

一回調べたときに500gの包装しかなかったように思ったけど、
調べたというのは気のせいで調べていなかったのかもしれない。

オイラックスって別にかゆみを止める効果があるわけじゃないらしいので、
あんまりこれに時間かけたくなかったな。

かゆみに対して効果がないという記事

1984年にSmithらが、二重盲検という医学的に厳密な研究*2によって「クロタミトンにはかゆみ止め効果がないか、あったとしても弱い」という結果が出ている
カイセン問屋ヒゼン屋
http://d.hatena.ne.jp/makikuni/20060425


クロタミトンのみはオイラックス®という商品名で
製品として製造販売されている。
医師にとっては前二者に比べ使いやすい薬剤である。
しかし、 クロタミトンを使う場合、 保険適応疾患に疥癬の病名はない。
適応疾患は湿疹、 皮膚炎で止痒効果があるというが、
実際にある国で二重盲検試験を行ったところ、
止痒効果は無いという結果がでた。

国立感染症研究所
http://idsc.nih.go.jp/iasr/22/260/dj2602.html



灼熱感でかゆみをごまかす作用はあるかもしれない。

とりあえず次の発注からチューブにしよう。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

偽善の医療

偽善の医療

価格:735円(税込、送料別)

関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 調剤

カウンタ
プロフィール

テツ

Author:テツ
僻地の小規模病院の薬剤師です。


ブログ引っ越ししました。
https://bipop.net/

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 薬の豆知識 レビュー ジェネリック医薬品 薬の要点 薬の比較 便利 緩和ケア 気になる記事 降圧薬 腎機能と薬物治療 薬価 抗菌薬 利尿薬 鎮痛薬 雑誌「薬局」 漫画 アンケート 医療用麻薬 ジェネリック医薬品メーカー 調剤 日病薬誌 薬物動態 インターネット 音楽 ステロイド 抗うつ薬 エクセル 脳梗塞治療 喘息・COPD 薬の感想 薬剤管理指導 android 輸液 糖質制限 ハイリスク薬 抗不安薬 糖尿病 ローカルドラッグ 腎機能 ACCESS 新薬 医療安全 お得 簡易懸濁法 医薬品の価格 抗血小板薬・抗凝固薬 ワクチン 院内感染対策 薬の管理 育児 ゲーム 配合変化 点眼薬 名前の由来  病院機能評価 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。