来年から院内感染対策サーベイランスJANISに200床未満でも参加できる

google検索参照

今日、出張で説明会聞きに行ったけど、
資料もらってわからないことは問い合わせすれば
参加できそうな感じだった。

今日の説明会の資料はJANISに問い合わせすれば多分郵送してもらえる。

検査部門で全検体のサーベイランスを出すときは、
細菌検査を外注している医療機関だと外注先が
JANISのフォーマットでデータを作れるノウハウがないとダメっぽい。

全入院患者部門は特定の薬剤耐性菌の感染症症例のみなので
ハードルはそれほど高くない。

ESBL産生大腸菌とか
VCMとTEICとクロラムフェニコールしか効かない腸球菌とか
ちらほら見るので
本格的にやったほうがいいと思っていていた。

参加するのはいい機会になるかもしれない。
そして腸球菌はもともとカルバペネムとセフェムが効かないのが多い。
病原性は低いものの分離されて気持ちいいものじゃない。

とあるきっかけから抗菌薬の適正使用がかなり乱れ気味になっている。
どうすればいいか思案中。

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 日記・雑記 気になる記事

逆止弁付きPassiveタイプの安全装置付き静脈留置針が発売予定

タイトル通り逆止弁付き静脈留置針(サーフロー)がビー・ブラウン(とニプロ?)から発売予定らしい。

イントロカンセーフティの改良版で
イントロカンセーフティ3という名前だったような気がする。

たぶんこれ
(PDF)パンフレットの英語版

安全装置が自動的に作動し、
さらに血液の逆流防止弁が何回でも作動するという魅力的なもの。

何回でも作動する逆止弁はすげぇ!と思ったら
透析用の針ですでにメディカットというものがあるらしい。

普通の静脈留置針で逆止弁付きのものは
メディキットという宮崎県の会社の専売特許だったと思う。

このメディキットのサーフローが、
安全装置はActiveタイプで逆止弁は一回貫通させると
弁の役割を果たさなくなるという
院内感染対策の観点から見るとちょっと物足りないものだった。

今回発売予定のイントロカンはどちらもクリアしているので、
手技や扱いが容易であれば
わりとシェアを獲得できるんじゃないかという気がするが・・・。

薬剤師なので、実際に留置針を留置したことが全くないから
使いやすさとか留置の確認のしやすさとかそういう観点から見ることができない。
なので機能だけで手放しで褒めることができないなー。

ただ気になるのは
これより多分新しいIntrocan Safety IVという留置針には
この逆止弁の機構がついていないかもしれない?
Introcan Safety IV valveで検索してもひっかかってこない。

完全な上位互換ではないものなのか、
それともイントロカンセーフティ3とは違う路線の商品なのか。
説明動画見ていると逆血がみやすく
グルコース検査キットなどに、血液を垂らすことができるという説明があるような。
(英語わからんから推測だけど)
http://www.youtube.com/watch?v=3U6EgSCKbTE

値段は償還価格が決まっているから
高くても税込100円ちょっとだろう。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 院内感染

安くて良いディスポプラスチック手袋

ミドリ安全の人が売り込みに来たので
プラスチック手袋を、実験的に変更してみた。

安い割になかなか良い気がする。

今までパウダーフリーの手袋をアスクルと似たような値段で購入していた。
http://www.askul.co.jp/s/09/0906/0906008/09060080009/1/1/20/0/

パウダーインのグローブは院内感染対策的な目線で見ると
パウダーが「有機物の汚れ」とみなされるので、
手指消毒ではなく毎回はずすごとに手洗いが必要になるらしい。
なのでパウダー入りは論外。


ミドリ安全のベルテプラテ851というプラスチック手袋は、
今までより数十円安い。
そしてミドリ安全の手袋を購入しはじめたら、
今買っているメーカーも対抗して値段を下げてくれた!
できるんだったら最初から下げてくれよという気持ちになる。

ミドリ安全の手袋がもしよくなくても対抗馬として他のメーカーに認識させれば、
値段下げてくれるからそういう面でもおすすめ。

こういった情報交換がしたいと日頃から思っているが、
他の施設の知り合いが少ないのでいまいち情報が入ってこない。

単包の消エタ綿(酒精綿)も以前はエタコットを使用していたが、
吉田製薬の消エタ綿PEというのが安いので乗り換えた。
小さいけど分厚いので使いやすいようだ。

もしかすると医薬品でもっと安いやつがあるかもしれない。
医薬部外品で安いやつがあったが名前忘れた・・・。

消エタ綿や手袋など実際に使用する側じゃないから、
こっちが選ぶのはものすごく慎重になるが、
治療の質を落とさないコスト削減はできるだけやりたい。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 院内感染対策

インスリンの針刺し予防に欲しいもの

2011/11/22更新

現在BDオートシールドという針刺し防止針が発売されています。




針刺し予防グッズとしてペンニードルリムーバーというものがあるが、
結局リキャップとそんなに変わらないのでやや危険。

Google検索すると無刺しくんという
ペットボトルの上部ペンニードルリムーバーを組み合わせたものが
ヒットする。
これは良さそう。

欲しいと妄想しているのは
テルモのセフティーナという針刺し予防製品のように、

「廃棄ボックスの上部にインスリンの針外し用穴が空いていて、
使用後の針をそこに突っ込んでくるくる回せば外すと同時に廃棄できる。」

というような廃棄ボックス。

わりと需要がありそうな気がするけど、
アズワン(ナビス)かどっかが売り出さないかな。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 院内感染対策

カウンタ
プロフィール

p-loop

Author:p-loop
僻地の小規模病院の薬剤師です。


twitterIDはploop700
現在、相互リンクと
アフィリエイト依頼は
受け付けておりません。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 レビュー 薬の豆知識 ジェネリック医薬品 気になる記事 薬価 薬の要点 緩和ケア 薬の比較 便利 降圧薬 腎機能と薬物治療 鎮痛薬 抗菌薬 漫画 ジェネリック医薬品メーカー 医療用麻薬 インターネット 雑誌「薬局」 利尿薬 アンケート 脳梗塞治療 音楽 調剤 日病薬誌 新薬 ステロイド 薬物動態 android お得 抗うつ薬 喘息・COPD エクセル 輸液 抗不安薬 薬剤管理指導 ローカルドラッグ 糖質制限 院内感染対策 薬の感想 ACCESS 医薬品の価格 糖尿病 病院機能評価 名前の由来 宮崎県北部 ハイリスク薬 お金 薬の管理 腎機能 ボクシング 簡易懸濁法 医療安全 院内感染 ワクチン Android 抗血小板薬・抗凝固薬  育児 テレビ ゲーム 点眼薬 配合変化 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan