FC2ブログ

トラマール注のワンショット静注は痙攣誘発の危険性

メーカーのトラマールカプセルの勉強会でトラマール注の説明もあった。

持続などの静注は基本的に適応外ながら可能だが
ワンショット静注は痙攣誘発のおそれがあるため、
絶対やらないでくださいとのこと。

トラマールカプセルの最大用量が400mg(高齢者300mg)に制限されているのも、
痙攣の危険性が高まるかららしい。

トラマールの注射と経口は同じ力価で換算してもいいので
トラマール注100mg=トラマール経口100mg
でいい。

経口から換算していってもわかるが、
トラマール注はモルヒネ注の10倍の力価が必要で
トラマール注100mg=モルヒネ注10mg
と換算できる。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 薬の豆知識 緩和ケア 鎮痛薬

カウンタ
プロフィール

テツ

Author:テツ
僻地の小規模病院の薬剤師です。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 薬の豆知識 レビュー 薬の要点 ジェネリック医薬品 薬の比較 便利 気になる記事 緩和ケア 降圧薬 腎機能と薬物治療 薬価 抗菌薬 鎮痛薬 利尿薬 雑誌「薬局」 漫画 アンケート 調剤 ジェネリック医薬品メーカー 医療用麻薬 日病薬誌 インターネット ステロイド 喘息・COPD 薬物動態 音楽 エクセル 脳梗塞治療 抗うつ薬 薬の感想 糖質制限 android 輸液 薬剤管理指導 ハイリスク薬 新薬 ローカルドラッグ 抗不安薬 糖尿病 医療安全 簡易懸濁法 お得 ACCESS 腎機能 育児  医薬品の価格 抗血小板薬・抗凝固薬 名前の由来 薬の管理 ゲーム ワクチン 配合変化 病院機能評価 お金 アフィリエイト 院内感染対策 点眼薬 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan