ディオバンの件

ディオバンのスキャンダルにより代替えを探している。
もともとARBの中ではディオバンを多めに使用していた。
理由はARBの中では薬価が安いからである。(最大量未満)

それ以外に大したポリシーはなかった。

各ARBにそれほどの違いは見いだせなかったし、
ディオバンはその時点(6年前くらい)で市場のシェアも獲得していた。

今回のスキャンダルの元になった論文があろうがなかろうが
とりあえずARBならディオバンと優先的に使ってもらっていた。

基本的に医師がARBを使いたい場面ではACE阻害薬を使えばいいと思っているが、
うまく説明できず、
結局嚥下能力が低い人には積極的にACE阻害薬を使ってもらうようにしていた。

今回の件を受けて当院のある医師が
「ディオバンが効かないというわけではないが、
データを捏造するようなことをした会社には社会的制裁が必要」
という若干不買運動をしよう的な発言をしていた。

ALLHAT試験では利尿薬、Ca拮抗薬、ACE阻害薬で何を使っても
降圧目標を達成出来れば全死亡はかわらないという結果だったような気がする。

ALLHAT試験の併用療法はレセルピン、クロニジンなどが登場して、
現在の日本の降圧療法とはあまりにもかけ離れているが、
「結局何を使っても降圧目標を達成することが大事」という解釈をしている。

ここで本題にもどってARBの中で何がいいか。

結局、降圧薬間に差がほとんどないのにARB間の差をあまり考えすぎても
物事の根本的なところを見誤ってしまいそうだ。

ACE阻害薬とARBの差もほとんどないというか
ACE阻害薬は効果の面ではARBに劣らない。

というわけでACE阻害薬を使いたいという話に戻るが、
日本は添付文書の最大用量がARBの半分くらいになっている。

レニベース1日15mgまではみたことがあるが、
1日20mgはみたことがない。

「ACE阻害薬は(ジェネリックを使えば)ARBより安価でいいよ」
という記述が高血圧ガイドラインにあったような気がする。

現在レニベースの後発薬回収騒ぎにより
若干品薄になっているのはどうなっているんだろう。

うちの病院では結局レニベースと先発に戻しているが
そうするとディオバンより高くなっちゃうんだよな。
そして夏にはボロボロ崩れて湿気に弱いレニベース・・・。

入院患者は全て一包化の病院には辛い。

現在購入できるジェネリックは東和薬品の製品。
ただしちょうど一般名への移行期間中でややこしい。
もうちょっと待ってからのほうがいいかもしれない。

タナトリルのジェネリックでもいいけど、
この地域の病院でタナトリルを使っている病院が多くない。
基幹病院もレニベースのジェネリックを使っている。

ディオバンの代替え
基本的にはレニベース使ってもらって
どうしてもARB使いたいのなら院内採用の中から好きなのをどうぞという感じになってしまう。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 日記・雑記 気になる記事

カウンタ
プロフィール

p-loop

Author:p-loop
僻地の小規模病院の薬剤師です。


twitterIDはploop700
現在、相互リンクと
アフィリエイト依頼は
受け付けておりません。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 薬の豆知識 レビュー ジェネリック医薬品 薬の要点 薬の比較 便利 緩和ケア 気になる記事 降圧薬 腎機能と薬物治療 薬価 抗菌薬 利尿薬 鎮痛薬 雑誌「薬局」 漫画 アンケート 医療用麻薬 ジェネリック医薬品メーカー 調剤 日病薬誌 薬物動態 インターネット 音楽 ステロイド 抗うつ薬 エクセル 脳梗塞治療 喘息・COPD 薬の感想 薬剤管理指導 android 輸液 糖質制限 ハイリスク薬 抗不安薬 糖尿病 ローカルドラッグ 腎機能 ACCESS 新薬 医療安全 お得 簡易懸濁法 医薬品の価格 抗血小板薬・抗凝固薬 ワクチン 院内感染対策 薬の管理 育児 ゲーム 配合変化 点眼薬 名前の由来  病院機能評価 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan