中途半端な濃度のアミノ酸・糖輸液がほしい

ビーフリードは糖とアミノ酸濃度が濃すぎる。
それ故に浸透圧も高く血管がつぶれやすいし、血管痛もあるみたいだ。
あんなに糖濃度もアミノ酸濃度も高くなくていい

アミノ酸も糖もビーフリードの半分にして
電解質はそのままくらいの中途半端な500mLの輸液がほしい。

計算はしていないがそれなら浸透圧比2くらいですむんじゃないだろうか。

ビーフリード500mLのバッグは予備容量が大きいので、
それに注射用水、カリウムやナトリウムの補正液でごちゃごちゃ詰めればできるんだろうが、
そんなめんどくさいこと毎日やるのは無理だろう。

アミパレンなどのアミノ酸輸液製剤も浸透圧が高かったり、
電解質が薄かったりであんまり使うメリットが感じられない。

とにかく中途半端なのがほしい。
それ使ったから患者さんがよくなるかどうかは全然別問題だけど。
関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

カウンタ
プロフィール

p-loop

Author:p-loop
僻地の小規模病院の薬剤師です。


twitterIDはploop700
現在、相互リンクと
アフィリエイト依頼は
受け付けておりません。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 薬の豆知識 レビュー ジェネリック医薬品 薬の要点 薬の比較 便利 緩和ケア 気になる記事 降圧薬 腎機能と薬物治療 薬価 抗菌薬 利尿薬 鎮痛薬 雑誌「薬局」 漫画 アンケート 医療用麻薬 ジェネリック医薬品メーカー 調剤 日病薬誌 薬物動態 インターネット 音楽 ステロイド 抗うつ薬 エクセル 脳梗塞治療 喘息・COPD 薬の感想 薬剤管理指導 android 輸液 糖質制限 ハイリスク薬 抗不安薬 糖尿病 ローカルドラッグ 腎機能 ACCESS 新薬 医療安全 お得 簡易懸濁法 医薬品の価格 抗血小板薬・抗凝固薬 ワクチン 院内感染対策 薬の管理 育児 ゲーム 配合変化 点眼薬 名前の由来  病院機能評価 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan