FC2ブログ

ムコスタ(レバミピド)は外用薬のように胃に作用する。

昨日後発薬の選び方に関する研修会に参加したとき、
ムコスタについての話題があった。

レバミピドは吸収されてから胃に作用するのではなく、
胃粘膜に直接作用してPG増加などを引き起こすということだった。

インタビューフォームを見たら、
作用についてちゃんと書いてあった。

[ 参考 ] 慢性胃炎患者 32 例を対象に、レバミピド 100mg を空腹下で単回投与後、胃粘膜と血液を採取し薬物濃度を測定した結果、平均胃粘膜内薬物濃度(投与後 30 ~ 120 分)( n=20 ): 60.0 ± 109.8 μ g/g tissue 、平均血清中薬物濃度(投与後 30 ~ 120 分)( n=18 ): 0.25 ± 0.23 μ g/mL であった。
このことより、レバミピドは胃内腔から直接浸潤・拡散し、胃粘膜内で高濃度となり薬理作用を発揮すると推測される

血中濃度と胃粘膜内濃度の比較のグラフ
ムコスタ

ムコスタのインタビューフォームより



というわけで、先発と後発のAUCやCmaxが一緒でも、
治療効果が一緒という結論にはならないらしい。


↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

日常診療での薬の選び方・使い方

日常診療での薬の選び方・使い方

価格:4,095円(税込、送料別)

関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 薬の豆知識 ジェネリック医薬品

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カウンタ
プロフィール

テツ

Author:テツ
僻地の小規模病院の薬剤師です。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 薬の豆知識 レビュー 薬の要点 ジェネリック医薬品 薬の比較 便利 気になる記事 緩和ケア 降圧薬 腎機能と薬物治療 薬価 抗菌薬 鎮痛薬 利尿薬 雑誌「薬局」 漫画 アンケート 調剤 ジェネリック医薬品メーカー 医療用麻薬 日病薬誌 インターネット ステロイド 喘息・COPD 薬物動態 音楽 エクセル 脳梗塞治療 抗うつ薬 薬の感想 糖質制限 android 輸液 薬剤管理指導 ハイリスク薬 新薬 ローカルドラッグ 抗不安薬 糖尿病 医療安全 簡易懸濁法 お得 ACCESS 腎機能 育児  医薬品の価格 抗血小板薬・抗凝固薬 名前の由来 薬の管理 ゲーム ワクチン 配合変化 病院機能評価 お金 アフィリエイト 院内感染対策 点眼薬 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan