ユナシン、エリスロシンなどの抗菌薬による下痢の理由

ユナシン(スルバクタム・アンピシリンまたはスルタミシリン)で下痢を起こしやすいというのはよく看護師さんから聞いていたが、
理由は「腸内細菌に効くから腸内の細菌叢を破壊するんだろう」
くらいに考えていた。

ダラシン(クリンダマイシン)はClostridium difficileによって引き起こされる偽膜性大腸炎が
下痢の原因になりやすい。

感染症の謎999という本に関連した記載があったので引用

便の中には大腸菌、腸球菌、嫌気性菌が、どのような割合で存在しているか?

乾燥した糞便の中で最も多いのがバクテロイデス(Bacteroides)や
フソバクテリウム(Fusobacterium)、クロストリジウム(Clostridium)などの
嫌気性菌であり、それらが全体の99.9%を占める(糞便1gあたり10^11個=10の11乗)。

それに対して、大腸菌は10^8個、腸球菌やクレブシエラ(Klebsiella)、
プロテウス(Proteus)などは、10^5~10^7個/g程度である。

つまり糞便中での嫌気性菌、大腸菌、腸球菌の数の比率は「1000:1:0.1」になる。

これを考えると、クリンダマイシンやアンピシリン・スルバクタムのように、
嫌気性菌に強く作用する抗菌薬を使用することが、
腸管の細菌叢に与える影響の大きさは計り知れないことがわかる。

椎木創一 (2010).感染症検査の基本・微生物学 岩田健太郎(編) 感染症999の謎 MEDSi pp55より引用 一部改変



なんとなく腸の中には大腸菌が多いというイメージを持っていたが、
99%嫌気性菌ということらしい。

今検索したら腸内細菌のウィキペディアにもちゃんと書いてあった・・・。

なお、その名称から腸内細菌の代表のように考えられている大腸菌は、全体の0.1%にも満たない。



腸内は腸内フローラと呼ばれる細菌のお花畑が形成されていて、
バランスを抗菌薬で乱すと下痢をする。
繰り返しになるが嫌気性菌に効く抗菌薬はその影響力が大きいということなんだな。

エリスロシン(エリスロマイシン)やクラリス(クラリスロマイシン)()などの、
マクロライド系抗菌薬
(6/28訂正)は腸内フローラの破壊ではなくて、
モチリン様作用という消化管運動促進ホルモンと同じような作用をして、
下痢を引き起こす。
これに耐性乳酸菌製剤(エンテロノンR、ビオフェルミンR、ラックビーRなど)が
効くかどうかはちょっと疑問。

あとオーグメンチンやクラバモックスに含まれるクラブラン酸も
直接腸に働く作用があるようだ

エリスロマイシンが有名だが、アモキシシリン・クラブラン酸も直接的に蠕動を刺激することで下痢を起こすことが知られている。

http://www.theidaten.jp/journal_cont/20090312J-9-2.htm


個人的にクラブラン酸の下痢はトリビア。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

感染症999の謎

感染症999の謎

価格:5,250円(税込、送料別)

関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 薬の豆知識 抗菌薬

コメント

非公開コメント

カウンタ
プロフィール

p-loop

Author:p-loop
僻地の小規模病院の薬剤師です。


twitterIDはploop700
現在、相互リンクと
アフィリエイト依頼は
受け付けておりません。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 レビュー 薬の豆知識 ジェネリック医薬品 気になる記事 薬価 薬の要点 緩和ケア 薬の比較 便利 降圧薬 腎機能と薬物治療 鎮痛薬 抗菌薬 漫画 ジェネリック医薬品メーカー 医療用麻薬 インターネット 雑誌「薬局」 利尿薬 アンケート 脳梗塞治療 音楽 調剤 日病薬誌 新薬 ステロイド 薬物動態 android お得 抗うつ薬 喘息・COPD エクセル 輸液 抗不安薬 薬剤管理指導 ローカルドラッグ 糖質制限 院内感染対策 薬の感想 ACCESS 医薬品の価格 糖尿病 病院機能評価 名前の由来 宮崎県北部 ハイリスク薬 お金 薬の管理 腎機能 ボクシング 簡易懸濁法 医療安全 院内感染 ワクチン Android 抗血小板薬・抗凝固薬  育児 テレビ ゲーム 点眼薬 配合変化 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan