ベンゾジアゼピン系抗不安薬の作用比較表

作用時間力価一般名商品名作用特性
抗不安催眠筋弛緩抗けいれん
短時間型エチゾラムデパス++++++++
クロチアゼパムリーゼ++±±
フルタゾラムコレミナール++±
中時間型ロラゼパムワイパックス++++++++?

アルプラゾラムコンスタン++++±
ブロマゼパムレキソタン+++++++++++
長時間型フルジアゼパムエリスパン++++++±
メキサゾラムメレックス++++±
ジアゼパムセルシン+++++++++++
クロナゼパムリボトリール+++++++++++
クロキサゾラムセパゾン+++
クロルジアゼポキシドコントール+++++±
クロラゼプ酸二カリウムメンドン++±++
メダゼパムレスミット++++±
オキサゾラムセレナール++++±
超長時間型フルトプラゼパムレスタス+++++++
ロフラゼプ酸エチルメイラックス++±++
プラゼパムセダプラン++++


樋口比登実(編),(2010)難治性疼痛の薬物療法,南山堂,pp180 より引用 一部改変

ベンゾジアゼピン系の薬は作用時間の違いだけで
どれも作用は同じようなものかと思っていたが全然違った。
抗けいれん作用を持つBZ系薬が意外に少ない。
デパスはいろいろな疾患に汎用されるが、抗痙攣作用は持っていないようだ。
レキソタン、セルシン、リボトリールは全ての作用を持ち合わせている。

以前の記事に書いたように、
リボトリールの抗不安作用が強いという裏付けが得られてなんか満足した。


2010/11/24訂正
小児の熱性痙攣に対してロラゼパム静注が第一選択と
メルクマニュアルに書いてあったため、
ロラゼパムの抗痙攣作用をーから+++?に変更。
記録間違いではなかったと思うが
今、本が手元にないので確認できない。


↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 薬の要点 抗不安薬

コメント

非公開コメント

ベンゾジアゼピン系の様々なお薬の作用程度や分類がわかりやすくて、ありがたい掲載に感謝いたします。

役に立ててなによりです。
カウンタ
プロフィール

テツ

Author:テツ
僻地の小規模病院の薬剤師です。


ブログ引っ越ししました。
https://bipop.net/

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 薬の豆知識 レビュー ジェネリック医薬品 薬の要点 薬の比較 便利 緩和ケア 気になる記事 降圧薬 腎機能と薬物治療 薬価 抗菌薬 利尿薬 鎮痛薬 雑誌「薬局」 漫画 アンケート 医療用麻薬 ジェネリック医薬品メーカー 調剤 日病薬誌 薬物動態 インターネット 音楽 ステロイド 抗うつ薬 エクセル 脳梗塞治療 喘息・COPD 薬の感想 薬剤管理指導 android 輸液 糖質制限 ハイリスク薬 抗不安薬 糖尿病 ローカルドラッグ 腎機能 ACCESS 新薬 医療安全 お得 簡易懸濁法 医薬品の価格 抗血小板薬・抗凝固薬 ワクチン 院内感染対策 薬の管理 育児 ゲーム 配合変化 点眼薬 名前の由来  病院機能評価 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan