FC2ブログ

スタチンの比較

一般名

先発医薬品

後発

脂溶

水溶

CYP代謝

LDL-C

低下率

プラバスタチン

メバロチン

水溶

受けない

20~30%

シンバスタチン

リポバス

脂溶

受ける

20~30%

フルバスタチン

ローコール

脂溶

受ける

20~30%

アトルバスタチン

リピトール

脂溶

受ける

30~50%

ピタバスタチン

リバロ

脂溶

受けにくい

35~50%

ロスバスタチン

クレストール

水溶

受けない

40~60%


スタチンの比較表


まずは高LDL血症治療の目標値→http://www.daiichisankyo.co.jp/healthy/whatslrd/hl/hl01-01.html


・リピトール、リバロ、クレストールがストロングスタチンという部類で、


 LDLが目標値より50以上高いならどれかを選んだほうがいのかも。


・LDLが目標値+30以下の高LDL血症ならメバロチン、リポバス、ローコールまたは


 その後発品を使用できる。


・CYP代謝は受けないほうが相互作用は比較的少ない。


・リピトールは高血糖、糖尿病の副作用があるので、


 リスクのある人には使いにくいかもしれない。


・スタチンにはコレステロールを下げる作用以外に、


 抗炎症作用、血管内皮改善作用、抗血栓作用などの多面的効果が、


 あると考えられているらしい。


・脂溶性と水溶性で、多面的効果に違いがあるのかないのかよくわからん。


スタチンで肺炎死亡率低下とかインフルエンザ死亡率低下とか、


たまにネットで見るが多面的作用のおかげなのかな。


類似薬の使い分けより



wikipediaにもかなり詳しく載っていた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%82%E8%B3%AA%E7%95%B0%E5%B8%B8%E7%97%87

愛知県薬剤師会のHPでもスタチンの比較表があった

http://www.apha.jp/top/shiryou/hikaku/HMG.htm

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

類似薬の使い分け
症状に合った薬の選び方とその根拠がわかる

関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 薬の要点

コメント

非公開コメント

カウンタ
プロフィール

テツ

Author:テツ
僻地の小規模病院の薬剤師です。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 薬の豆知識 レビュー 薬の要点 ジェネリック医薬品 薬の比較 便利 気になる記事 緩和ケア 降圧薬 腎機能と薬物治療 薬価 抗菌薬 鎮痛薬 利尿薬 雑誌「薬局」 漫画 アンケート 調剤 ジェネリック医薬品メーカー 医療用麻薬 日病薬誌 インターネット ステロイド 喘息・COPD 薬物動態 音楽 エクセル 脳梗塞治療 抗うつ薬 薬の感想 糖質制限 android 輸液 薬剤管理指導 ハイリスク薬 新薬 ローカルドラッグ 抗不安薬 糖尿病 医療安全 簡易懸濁法 お得 ACCESS 腎機能 育児  医薬品の価格 抗血小板薬・抗凝固薬 名前の由来 薬の管理 ゲーム ワクチン 配合変化 病院機能評価 お金 アフィリエイト 院内感染対策 点眼薬 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan