DHP系Ca拮抗薬のイメージ(特徴)

※この記事の内容は間違っている可能性があります。

自分の中でのDHP系Ca拮抗薬(CCB)のイメージまとめ

・狭心症の適応もあるが降圧薬として用いられることが多い。

・降圧作用は血管拡張によるもので、高血圧の原因によらず、
 確実な降圧作用が期待できる。

・ACE阻害薬の先発品やARBより安価。

・臓器血流は保つ。

・心血管イベント予防効果は確実にある(ALLHATでは利尿薬と同程度だった気がする)

・心不全に対しての予防・治療効果はあまり期待できない(?)

・重大な副作用は少ないが、浮腫、歯肉肥厚、便秘、頭痛、頻脈などの副作用がある。

・血管平滑筋選択的に作用するが、下部食道括約筋や腸管の平滑筋にも作用して、
 逆流性食道炎や便秘の原因にもなることがある。

・RA系阻害薬に比べて臓器保護作用は無いか弱い。

・RA系阻害薬+利尿薬(ヒドロクロロチアジド)の併用より、
 RA系阻害薬+Ca拮抗薬(アムロジピン)併用のほうが相性がいいかもしれない。
 http://intmed.exblog.jp/6965149/

・高血圧ガイドライン2009では何故か第一選択としてアムロジピンが、
 名指しで推奨されている。

・ガイドラインで推奨されたりメーカーの宣伝力もあるのか、
 DHP系Ca拮抗薬の中ではアムロジピン(ノルバスク、アムロジピン)のシェアが圧倒的に多い(気がする。)

・アムロジピンは頻脈が少ないと言われるがたまに見る。

・シルニジピン(アテレック)はN型カルシウムチャネル遮断により、
 ノルアドレナリン(ノルエピネフリン)放出抑制→頻脈にはならない。

・シルニジピンはNE放出抑制によりRAS阻害効果や腎保護作用もあるかもしれない。
 http://intmed.exblog.jp/11297133/
 今は単なるローカルドラッグだが国産の良薬として頑張ってほしいところだ。
 しかしアテレックが処方されている例はほとんど見ない・・・。


↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村



関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 薬の要点 降圧薬

コメント

非公開コメント

カウンタ
プロフィール

p-loop

Author:p-loop
僻地の小規模病院の薬剤師です。


twitterIDはploop700
現在、相互リンクと
アフィリエイト依頼は
受け付けておりません。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 レビュー 薬の豆知識 ジェネリック医薬品 気になる記事 薬価 薬の要点 緩和ケア 薬の比較 便利 降圧薬 腎機能と薬物治療 鎮痛薬 抗菌薬 漫画 ジェネリック医薬品メーカー 医療用麻薬 インターネット 雑誌「薬局」 利尿薬 アンケート 脳梗塞治療 音楽 調剤 日病薬誌 新薬 ステロイド 薬物動態 android お得 抗うつ薬 喘息・COPD エクセル 輸液 抗不安薬 薬剤管理指導 ローカルドラッグ 糖質制限 院内感染対策 薬の感想 ACCESS 医薬品の価格 糖尿病 病院機能評価 名前の由来 宮崎県北部 ハイリスク薬 お金 薬の管理 腎機能 ボクシング 簡易懸濁法 医療安全 院内感染 ワクチン Android 抗血小板薬・抗凝固薬  育児 テレビ ゲーム 点眼薬 配合変化 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan