腎障害時のST合剤の投与量

よく「ST合剤 腎障害」で検索される方が来られるので案内。

バクタ配合錠1錠、バクトラミン注1Aはトリメトプリム80mg含有

示した用量はトリメトプリム換算

CCr50以上
6~12時間ごとに分割して5~20mg/kg/day

50>CCr>30
8時間ごとに5~7.5mg/kg

29>CCr>10
12時間ごとに5~10mg/kg

CCr<10または透析時(HEMO、CAPD)
推奨されない
しかし使用する場合は24時間ごとに5~10mg/kg

サンフォードガイド2010より引用



ST合剤は投与後に見かけ上の腎機能低下(クレアチニンの上昇)を起こす。

トリメトプリムは腎細胞からクレアチニンが分泌されるのを阻害する効果があります。
そのため、ST合剤を使うと血清クレアチニン値が上昇することがあります。
これは腎機能の低下を意味していませんので、
そのまま経過を観察してSTを使い続けてもかまいません。

通常、クレアチニンはベースラインより
10%くらいまでの上昇を示すことが多く、
当然STをやめればクレアチニン値は下がります。
本当の意味での腎毒性は、ST合剤で起きることは極めて稀です。
覚えておいて損はありませんよ。

それとは別に、ST合剤を用いると高カリウム血症を起こすことがあります。
これはトリメトプリムが遠位腎細管からのカリウムの排泄を
妨げるからだとされています。
高カリウムを来す他の薬剤、例えばACE阻害薬などと一緒に使うときは要注意ですね。

岩田 健太郎,宮入 烈,抗菌薬の考え方,使い方 ver.2,中外医学社,pp186より引用 一部改変



↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 薬の豆知識 腎機能と薬物治療 抗菌薬

コメント

非公開コメント

カウンタ
プロフィール

p-loop

Author:p-loop
僻地の小規模病院の薬剤師です。


twitterIDはploop700
現在、相互リンクと
アフィリエイト依頼は
受け付けておりません。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 薬の豆知識 レビュー ジェネリック医薬品 薬の要点 薬の比較 便利 緩和ケア 気になる記事 降圧薬 腎機能と薬物治療 薬価 抗菌薬 利尿薬 鎮痛薬 雑誌「薬局」 漫画 アンケート 医療用麻薬 ジェネリック医薬品メーカー 調剤 日病薬誌 薬物動態 インターネット 音楽 ステロイド 抗うつ薬 エクセル 脳梗塞治療 喘息・COPD 薬の感想 薬剤管理指導 android 輸液 糖質制限 ハイリスク薬 抗不安薬 糖尿病 ローカルドラッグ 腎機能 ACCESS 新薬 医療安全 お得 簡易懸濁法 医薬品の価格 抗血小板薬・抗凝固薬 ワクチン 院内感染対策 薬の管理 育児 ゲーム 配合変化 点眼薬 名前の由来  病院機能評価 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan