製薬会社の宣伝にイライラ

今日はラピアクタの院内説明会。

スライドの説明で突然
「成人へのイナビルとタミフルでは、
タミフルの方が有意差をもってイナビルより有症状時間が短いんです。」
とグラフ入りの説明があった。

そのスライドはどこのデータかわからんけど
成人イナビル20mgとタミフルの比較で有意差があったというもの。
もちろん40mgの比較もあったが、
成人にイナビル20mgというあり得ない用法用量を持ち出して、
イナビルを貶めるのはいかがなものか。

塩○○のやり方は悪意を感じざるを得ない。、
トンデモ事例をラピアクタの説明会で持ち出さなくてもよくないか?

医師が曲解するとよくないと思って質問タイムに指摘しようとしたが、
自分の担当病棟に入院が一気に3件くらい来てPHSが鳴った。
そして結局質問はできなかった。


別の日になるがプラビックスでの説明会でもいまいち納得できなかった。
CYP多型でPCI後のプラビックス服用の心血管イベントに差が生まれるというデータも
CYPのPM群ののイベントが多いのは25%しかローディングドーズが行われていなかったからだという
メーカーからの説明だった。
もとの論文は
<a href="http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa0809171" target="_blank" title="http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa0809171">http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa0809171
これだったと思うが、ローディングドーズの有無の差があったら、
そもそも論文として成り立たないような気がする・・・。
(英語が読めないので単なる推測です)


後日メーカーのMRさんに確認するとスライドに出していた論文が違ったようです。
スライドに出していたのはTRITON試験という試験だったようです。


医師はメーカーを信じてしまいがちになるが、
結局何にイライラするかというと医師を説得できない
(メーカー営業より信頼されていない)自分に対してのイライラを
メーカーのせいにしているだけなのかもしれない。

営業さんも人間だからできるだけ自社の薬の売上を伸ばして、
自分の成績をよくして収入を得たいのは当たり前。
だから嘘はつかないけど都合のいいことばかりを言うのも当然だろう。

「なぜ営業さんはそれを言うのか」
そこにはその営業さんにインセンティブがあるから。


いまいち医師はそれを理解していないようなきらいがある。
本当に患者さんのことを思っているなら
ナトリックスとかバンバン宣伝してくれてもいいよね。

最近疲れているのもあってイライラしやすくなっている。
忙しい時こそ落ち着いて考えて行動しないといけないな・・・。

最後に断っておきますが、
私はMRさんの極端な説明は嫌ですが
MRさん自体が嫌いというわけではありませんのでよろしくお願いします。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 日記・雑記

コメント

非公開コメント

No title

久しぶりに書き込みさせていただきます。
僕も医師を説得できない自分に対して日々無力感を感じています。
医師は(一部の人だけと思いたいが)コネコネなメーカーさん&問屋さんの言うことなら何でも信じてしまうんだな・・・
結局は患者さんの味方なんじゃなくて製薬会社の味方なんだな~・・・
なんて思ってしまったり・・・
MR活動は公平性を欠く新聞やマスコミみたいになっちゃいかんです。
医師もどっかの政党みたいなことになってちゃいかんです。
駄文失礼いたしました

ほんとそうですよね!

批判的なコメントがあるんじゃないかとドキドキしていましたが、
肯定的なコメントでほっとしました。

相手(MRさん)の立場になって考えれば
セールストークだということに気づくと思うんですけどねぇ・・・。

うちの病院の職員は医師も含めてMRから文房具以上のものはもらわない方針なので、
接待とか弁当はないんですが、
論文読まない、ネットでも調べないでMRさんの言葉だけ聞いて
薬の使用を決めるというのはいかがなものかと思っています。

若い医師はそういうことが少ないと思いますが、
お年を召された医師は昔からの習慣なんでしょうねぇ。

医師の経験年数が多いほど医療の質が低下するという論文もあるようです。
http://intmed.exblog.jp/1795138/
http://square.umin.ac.jp/massie-tmd/showme.html

人の習慣を変えるのは難しいというかほぼ不可能だと思っています。
自分を変えて医師への働きかけを続けていくと
最終的には覚えてくれることもあるにはあるので、
気長に頑張るしかないのかなと思っています。

いつも見てくださってありがとうございます。
これからもよろしくお願い致します。
カウンタ
プロフィール

p-loop

Author:p-loop
僻地の小規模病院の薬剤師です。


twitterIDはploop700
現在、相互リンクと
アフィリエイト依頼は
受け付けておりません。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 レビュー 薬の豆知識 ジェネリック医薬品 気になる記事 薬価 薬の要点 緩和ケア 薬の比較 便利 降圧薬 腎機能と薬物治療 鎮痛薬 抗菌薬 漫画 ジェネリック医薬品メーカー 医療用麻薬 インターネット 雑誌「薬局」 利尿薬 アンケート 脳梗塞治療 音楽 調剤 日病薬誌 新薬 ステロイド 薬物動態 android お得 抗うつ薬 喘息・COPD エクセル 輸液 抗不安薬 薬剤管理指導 ローカルドラッグ 糖質制限 院内感染対策 薬の感想 ACCESS 医薬品の価格 糖尿病 病院機能評価 名前の由来 宮崎県北部 ハイリスク薬 お金 薬の管理 腎機能 ボクシング 簡易懸濁法 医療安全 院内感染 ワクチン Android 抗血小板薬・抗凝固薬  育児 テレビ ゲーム 点眼薬 配合変化 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan