ダーゼン回収wwwww

効かないということがわかったダーゼンを武田が潔く自主回収。
うちでは置いていないがMRさんが謝りに来てくれた。

後出しジャンケン的な感じだが、
セラペプターゼって酵素だからタンパク質。
タンパク質は吸収過程でアミノ酸になるから
薬効の発現なんてほとんどあり得ないと思う・・・。

コラーゲンを食べるとコラーゲンが増える
ヒアルロン酸を食べるとヒアルロン酸が増えるというのと同じレベルじゃないだろうか。

田辺販売の添付文書にはダーゼンとそのジェネリックを犬に投与して血中濃度が上がったというデータがある。
本当だったらすごいな。

ダーゼンとか若い医師はあんまり出さないイメージ。
年配の先生は「とりあえず」的な感じで出すよね。

エンピナースやキモタブ/・ヘモナーゼ、レフトーゼみたいな同様の消炎酵素も
おそらく効かないだろうから消えていくのかな。

ダーゼンだけで年間67億円も売上あるらしいから今までこれで、
数千億円無駄になっただろうな。

これを機にもっと色々な薬(ローカルドラッグ)の検証してほしい。
特に脳梗塞急性期の高額なラジカット、ノバスタン、キサンボンあたりを・・・。

国も「ジェネリック使って医療費削減」というより
こういった検証を行って
適切な薬物治療をするための環境を作ったほうがいいんじゃないだろうか。

胃薬の防御因子増強剤とかもほとんど意味ないのが多いと思うが・・・。
ミソプロストール(サイトテック)とスクラルファート(アルサルミン)だけで
ほとんどなんとかなるんじゃないかと思っている。
あとイルソグラジン(ガスロンN)くらいか?1日1回で済むし。

なぜか近くの病院は疼痛時ロキソニン+ムコスタ(通称ロキムコというらしい)が、
頻繁に処方されている。
ムコスタはNSAIDs潰瘍に対して効かないというニュースもあったんだけどな・・・。

どうせならロキソニン+サイトテックでいいと思う(若い女性以外)。
腸の動きも活発になって便秘してる人は一石二鳥だったりする。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ


関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 気になる記事 ローカルドラッグ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダーゼン 販売中止

消炎酵素薬:「セラペプターゼ錠」自主回収 田辺三菱製薬 - 毎日新聞 ... 消炎酵素薬:「セラペプターゼ錠」自主回収 田辺三菱製薬 - 毎日新聞 · 沢井製薬、消炎製剤を自主回収=先発薬企業の対応受け - 時事通信 · 40年以上販売されていた消炎薬「ダーゼン...

コメント

非公開コメント

No title

歯科医です。昔(30年位前)は抜歯した後には良く抗生剤、鎮痛剤と共に処方していました。指導教官も笑いながら
「別に効かないけれど、さして副作用もないから、気持ちの問題」と言っていました。みんな効かないってわかっていて処方してたんですね。諸外国ではまったく相手にされず、武田の政治力のみで薬価基準に乗せられた薬。今までよくぞ売り使い続けたものです。

コメントありがとうございます

やっぱり効かないとわかって処方をしている例が多いのかもしれませんね。

「とりあえず」が積もり積もって年間67億円というものすごい額の売上をたたき出していたことに、
驚きます。

昔の事情は知らなかったのでおもしろく読ませていただきました。
外国で相手にされるわけないですよねほんと・・・。

No title

おはようございます
ダーゼンのことで伺いたいのですが、これは偽薬とかわらないということですが、国民はだまされていたということでしょうか

おはようございます。

難しい質問ですねv-356

添付文書の臨床成績→http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3959003D1037_1_04/
を読む限りこの薬は全般改善度という指標で評価されているところがあるようです。

この全般改善度というのは「医師が改善したと判断したかどうか」という指標で
結構、うさん臭い指標だと個人的に思っています。

ただし、この時代はこれで承認が降りて製薬会社は医薬品を売ることができたので、
騙すとまではいかないかもしれません。
肯定的に捉えれば「武田薬品は本当にダーゼンに効果があると考えて売っていた」可能性があります。

国もこれを許していたので武田薬品が騙していたから悪いということにはならないと思います。
もし騙していたというのであれば武田薬品だけでなく、
承認した国や、効果があるか確認せず漫然と処方した医師・歯科医師や
その他の医療従事者にも責任はあるんじゃないかと思います。

結局は「後からわかったこと」を以前のことまで責任追及するのは
医療においてやっていいのかどうかが一番難しいと思います。

そういう意味でも本文に「後出しジャンケン」と書いています。
カウンタ
プロフィール

p-loop

Author:p-loop
僻地の小規模病院の薬剤師です。


twitterIDはploop700
現在、相互リンクと
アフィリエイト依頼は
受け付けておりません。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 レビュー 薬の豆知識 ジェネリック医薬品 気になる記事 薬価 薬の要点 緩和ケア 薬の比較 便利 降圧薬 腎機能と薬物治療 鎮痛薬 抗菌薬 漫画 ジェネリック医薬品メーカー 医療用麻薬 インターネット 雑誌「薬局」 利尿薬 アンケート 脳梗塞治療 音楽 調剤 日病薬誌 新薬 ステロイド 薬物動態 android お得 抗うつ薬 喘息・COPD エクセル 輸液 抗不安薬 薬剤管理指導 ローカルドラッグ 糖質制限 院内感染対策 薬の感想 ACCESS 医薬品の価格 糖尿病 病院機能評価 名前の由来 宮崎県北部 ハイリスク薬 お金 薬の管理 腎機能 ボクシング 簡易懸濁法 医療安全 院内感染 ワクチン Android 抗血小板薬・抗凝固薬  育児 テレビ ゲーム 点眼薬 配合変化 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan