コルヒチンとクラリスの併用は絶対禁忌(?)

116名の患者で、88例で同時投与、28例で継続した処方を見つけた。
併用群9例の患者(10.2%)、継続使用群1例(3.6%)で入院後28日以内に死亡。
死亡原因は6例で肺炎、2例で急性腎不全、1例でうっ血性心不全、1例で多臓器不全。
多変量解析で、オーバーラップしている期間が長いほど(relative risk 2.16, p < 0.01)、
ベースの腎障害があるほど(RR 9.1, p < 0.001)、
入院中汎血球減少症の進展があるほど(RR 23.4, p < 0.001) 、
独立して死亡と相関。

内科開業医のお勉強日記
クラリスロマイシンとコルヒチンの相互作用による致命的な合併症
http://intmed.exblog.jp/2134895/



元の論文は多分これ
http://hub.hku.hk/handle/10722/45008

併用すると1割の患者が死亡とはインパクトが大きい。

添付文書では

肝臓又は腎臓に障害のある患者で、
肝代謝酵素CYP3A4を強く阻害する薬剤※又はP糖蛋白を阻害する薬剤


コルヒチン添付文書より



と禁忌に書かれているが、
具体的な併用禁忌は無し。

腎機能障害あると本当に危険(というか死ぬ可能性がある)。
肝機能障害はどうだろう。
結局どちらもなくても避けたほうが良さそう。
代替えとしてはアジスロマイシンが挙がっているけど、
少量長期投与の人は代替えにならなそう(保険も通らなさそう)なので、
コルヒチン投与できないかもしれない。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 薬の豆知識 気になる記事 抗菌薬 薬物動態

コメント

非公開コメント

No title

コルヒチンは、痛風発作時のみの使用で副作用がどの程度起きるかわからない薬だからなおさらふあんになりますね~。

ですよねー

コメントありがとうございます。

整形外科領域以外ではあまり処方されない薬なので、
私も副作用の頻度がわからないと思っていました。

血小板減少が明らかに起きているのに
それを医師が許容しながら継続している患者さんもいましたし・・・。

コルヒチンは白血球と好中球の作用を阻止するということですが
私は作用がいまいちイメージできないというか、ちゃんと理解できていません。
カウンタ
プロフィール

p-loop

Author:p-loop
僻地の小規模病院の薬剤師です。


twitterIDはploop700
現在、相互リンクと
アフィリエイト依頼は
受け付けておりません。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 レビュー 薬の豆知識 ジェネリック医薬品 気になる記事 薬価 薬の要点 緩和ケア 薬の比較 便利 降圧薬 腎機能と薬物治療 鎮痛薬 抗菌薬 漫画 ジェネリック医薬品メーカー 医療用麻薬 インターネット 雑誌「薬局」 利尿薬 アンケート 脳梗塞治療 音楽 調剤 日病薬誌 新薬 ステロイド 薬物動態 android お得 抗うつ薬 喘息・COPD エクセル 輸液 抗不安薬 薬剤管理指導 ローカルドラッグ 糖質制限 院内感染対策 薬の感想 ACCESS 医薬品の価格 糖尿病 病院機能評価 名前の由来 宮崎県北部 ハイリスク薬 お金 薬の管理 腎機能 ボクシング 簡易懸濁法 医療安全 院内感染 ワクチン Android 抗血小板薬・抗凝固薬  育児 テレビ ゲーム 点眼薬 配合変化 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan