スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吸入ステロイドの用量と尿中コルチゾール低下率の相関

雑誌「薬局」2月号は小児とステロイドの特集。

興味深い吸入ステロイドと尿中コルチゾール低下率のグラフがあったので引用


ステロイド薬を投与するとグルココルチコイド受容体に作用し、
負のフィードバックが働き副腎皮質からのコルチゾール分泌が低下する。

コルチゾールの分泌低下が続けば最終的には副腎の萎縮をきたす。

そのためコルチゾール分泌の低下は吸入ステロイド薬の全身への影響の指標となっている。

尿中コルチゾール排泄を検討した21個の研究と、
血漿・血清中コルチゾール濃度を測定した13この研究のメタアナリシスを行った報告では、
すべての吸入ステロイド薬で用量依存的にコルチゾール分泌低下を示し、
とくにフルチカゾンでは1日あたりの吸入量が800μgを超えると
副腎機能抑制の可能性が高まるとしている。

吸入ステロイドと尿中コルチゾール低下率

本多 秀俊,清野 敏一,異なる剤形で複数のステロイドを併用することはできるの?
 また、その安全性は?,薬局 Vol.62 No.2 2011,253-256 より引用



このグラフで参考にしている論文はこれかな
http://archinte.ama-assn.org/cgi/content/abstract/159/9/941

吸入ステロイドはあんまり詳しくないが、
ベクロメタゾン:キュバール、ブテゾニド:パルミコート、フルチカゾン:フルタイド(アドエア)
で、フルタイドはキュバールやパルミコートの1/2の力価で同等の効果とみていいのかな。

それだと同じ用量のフルチカゾンで他の吸入ステロイドより尿中コルチゾール低下率が
高いのは当然な気がする。

ただ、パルミコートが尿中コルチゾール低下率が若干低いようにも見える。

最近内科開業医のお勉強日記にシクレソニド(オルベスコ)の話題が出ていた。
軽症持続喘息:第1選択はオルベスコで良いじゃないか
http://intmed.exblog.jp/12136519/

手放しで褒めるなんて珍しい。

何にせよ喘息治療には吸入ステロイドが必要不可欠。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 薬の豆知識 ステロイド 喘息・COPD

コメント

非公開コメント

カウンタ
プロフィール

テツ

Author:テツ
僻地の小規模病院の薬剤師です。


ブログ引っ越ししました。
https://bipop.net/

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 薬の豆知識 レビュー ジェネリック医薬品 薬の要点 薬の比較 便利 緩和ケア 気になる記事 降圧薬 腎機能と薬物治療 薬価 抗菌薬 利尿薬 鎮痛薬 雑誌「薬局」 漫画 アンケート 医療用麻薬 ジェネリック医薬品メーカー 調剤 日病薬誌 薬物動態 インターネット 音楽 ステロイド 抗うつ薬 エクセル 脳梗塞治療 喘息・COPD 薬の感想 薬剤管理指導 android 輸液 糖質制限 ハイリスク薬 抗不安薬 糖尿病 ローカルドラッグ 腎機能 ACCESS 新薬 医療安全 お得 簡易懸濁法 医薬品の価格 抗血小板薬・抗凝固薬 ワクチン 院内感染対策 薬の管理 育児 ゲーム 配合変化 点眼薬 名前の由来  病院機能評価 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。