点鼻のステロイドは全身性の副作用が極めて少ない

点鼻ステロイドを投与した際の血中濃度を測定した報告によると、
成人にフルチカゾン200μgまたは400μgを単回鼻腔内投与後
15分、30分、1時間、2時間および4時間の血漿中フルチカゾン濃度を測定すると、
いずれの測定時点においても検出限界(50pg/mL)以下であった。

また、成人に1日400μgを14日間連続鼻腔内投与した際の投与開始日、
投与8日目および14日目の投与後30分、1時間および4時間の
血漿中フルチカゾン濃度を測定すると
いずれの測定時点においても検出限界(50pg/mL)以下であったと報告している。
奥田 稔ほか:耳鼻と臨床,38(Suppl.1),420-430(1992)


コルチゾール分泌に関する報告では、
成人の通年性アレルギー性鼻炎患者にフルチカゾン1日200μgを1年間点鼻し、
血漿コルチゾール値を測定したところ、
プラセボとの差をみとめなかったとの報告がある。
Holm AF, Fokkens WJ, Godthelp T, Mulder PG, Vroom TM, Rijntjes E. A 1-year placebo-controlled study of intranasal ... a safety and biopsy study. Clin Otolaryngol Allied Sci 1998:23:69-73


点鼻薬単独使用においては、
通常用量を適切に使用すれば全身へ影響する可能性は
低いと考えられる。

しかし局所においては鼻出血、不快臭、刺激感、鼻中隔穿孔などの副作用が、
報告されており、鼻粘膜の状態を十分把握しながら投与する必要がある。

本多 秀俊,清野 敏一,異なる剤形で複数のステロイドを併用することはできるの?
 また、その安全性は?,薬局 Vol.62 No.2 2011,253-256 より引用



点鼻のステロイドってアルデシンを小学生か中学生ぐらいのとき使ってたけど、
アレルギー性鼻炎にはめっちゃ効いたなぁ。

アトピーに関しては賛否両論あるようなのでわからないが、
ステロイドの局所投与って基本的に効果を最大限に引き出して
副作用を少なくする良質の治療だという印象がある。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 雑誌「薬局」 薬の豆知識

コメント

非公開コメント

カウンタ
プロフィール

p-loop

Author:p-loop
僻地の小規模病院の薬剤師です。


twitterIDはploop700
現在、相互リンクと
アフィリエイト依頼は
受け付けておりません。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 レビュー 薬の豆知識 ジェネリック医薬品 気になる記事 薬価 薬の要点 緩和ケア 薬の比較 便利 降圧薬 腎機能と薬物治療 鎮痛薬 抗菌薬 漫画 ジェネリック医薬品メーカー 医療用麻薬 インターネット 雑誌「薬局」 利尿薬 アンケート 脳梗塞治療 音楽 調剤 日病薬誌 新薬 ステロイド 薬物動態 android お得 抗うつ薬 喘息・COPD エクセル 輸液 抗不安薬 薬剤管理指導 ローカルドラッグ 糖質制限 院内感染対策 薬の感想 ACCESS 医薬品の価格 糖尿病 病院機能評価 名前の由来 宮崎県北部 ハイリスク薬 お金 薬の管理 腎機能 ボクシング 簡易懸濁法 医療安全 院内感染 ワクチン Android 抗血小板薬・抗凝固薬  育児 テレビ ゲーム 点眼薬 配合変化 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan