抗うつ薬による下痢の機序

消化現象は腸管の内皮細胞内に存在する腸クロム親和性細胞が
刺激を受けて腸管組織内に5-HTを放出することから始まる。

5-HTの刺激は、5-HT3受容体および5-HT4受容体を介して、
腸管の筋肉に伝わって収縮が増強され、腸管運動が亢進される。

抗うつ薬、特にSSRIやSNRIは強い5-HTトランスポーター阻害作用を有しているため、
腸管組織内に放出された5-HTの再取り込みを阻害し、
シナプス間隙中に5-HTを長時間、高濃度に保持させる。

これにより腸管の蠕動運動が亢進し続け、その結果、下痢が引き起こされる。
三環系抗うつ薬も5-HTトランスポーター阻害作用を持つが、
同時に強い抗コリン作用も有しており、
相対的に下痢よりも便秘の発現頻度が高い傾向となる。

なお、5-HT3や5-HT4受容体の刺激作用に由来する下痢は
発現しても1週間程度で治まるとされている。

三輪 高市,精神系用薬でなぜ下痢は起こるの?,薬局 Vol62 No.3 (370-375)2011より引用



体の中の5-HT(セロトニン)は95%が消化器内に存在しているらしい。
それで抗うつ薬で消化管系の副作用が出やすい。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 雑誌「薬局」 抗うつ薬

コメント

非公開コメント

カウンタ
プロフィール

p-loop

Author:p-loop
僻地の小規模病院の薬剤師です。


twitterIDはploop700
現在、相互リンクと
アフィリエイト依頼は
受け付けておりません。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 レビュー 薬の豆知識 ジェネリック医薬品 気になる記事 薬価 薬の要点 緩和ケア 薬の比較 便利 降圧薬 腎機能と薬物治療 鎮痛薬 抗菌薬 漫画 ジェネリック医薬品メーカー 医療用麻薬 インターネット 雑誌「薬局」 利尿薬 アンケート 脳梗塞治療 音楽 調剤 日病薬誌 新薬 ステロイド 薬物動態 android お得 抗うつ薬 喘息・COPD エクセル 輸液 抗不安薬 薬剤管理指導 ローカルドラッグ 糖質制限 院内感染対策 薬の感想 ACCESS 医薬品の価格 糖尿病 病院機能評価 名前の由来 宮崎県北部 ハイリスク薬 お金 薬の管理 腎機能 ボクシング 簡易懸濁法 医療安全 院内感染 ワクチン Android 抗血小板薬・抗凝固薬  育児 テレビ ゲーム 点眼薬 配合変化 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan