ペルジピンの禁忌から脳出血や頭蓋内圧亢進が削除

現在のペルジピン注の添付文書

どういう経緯か知らないが2011年6月の添付文書改定で、
ペルジピン(ニカルジピン)は禁忌から

<(1)頭蓋内出血で止血が完成していないと推定される患者
〔出血を促進させる可能性がある。〕
 (2)脳卒中急性期で頭蓋内圧が亢進している患者
〔頭蓋内圧を高めるおそれがある。〕>



上記の文言が削除された。

ただし、警告に

本剤を脳出血急性期の患者及び
脳卒中急性期で頭蓋内圧が亢進している患者に投与する場合には、
緊急対応が可能な医療施設において、
最新の関連ガイドラインを参照しつつ、
血圧等の患者の状態を十分にモニタリングしながら投与すること。



この一文が追加

慎重投与に

(1)脳出血急性期の患者
〔出血を促進させる可能性があるので、
治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。〕
(2)脳卒中急性期で頭蓋内圧が亢進している患者
〔頭蓋内圧を高めるおそれがあるので、
治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。〕



この2つが禁忌から移動してきたような感じ。

一応禁忌ではなくなったので、
警告の文言を守れば使用できる。

今回調べて初めて知ったけど、
この薬って山之内製薬開発の国産薬だった。

海外の添付文書には禁忌(CONTRAINDICATIONS)として
高度な大動脈弁狭窄症?(Advanced Aortic Stenosis)しか載っていない。

日本で開発された薬なのにどうしてこんなにずれが生じてしまっているんだろう。


自分の病院ではペルジピン使う頻度はあまりなく、
いざ使うとなって「どのくらいの速度でいけばいいの?」と
聞かれることがある。

ガンマ計算が面倒なので、
50kgなら高血圧緊急症の適応だと0.5γから開始だから、
1時間に0.5γ*60分*50kg=1500μg=1.5mg≒2mg

ペルジピンは1Aが2mgのものを置いているので、
大体50~60kgなら
「1Aを生食か何かに溶かして1時間で落としてください。
血圧さがらなければもっともっと早くしてもいいです。」
という感じで答えている。

かなりアバウトだけど血圧モニタリングして下がれば遅くすればいいので、
このくらいにしているが果たしていいのか悪いのか。

今計算したら50kgの人で時間2mgだと0.66γかな。

持続で行くときは側管から流すので、
原液を1時間2mg(2mL)~スタートで血圧見ながら調節していた。
慢性期中心なので使う例はほとんどないけど・・・。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : 降圧薬

コメント

非公開コメント

カウンタ
プロフィール

p-loop

Author:p-loop
僻地の小規模病院の薬剤師です。


twitterIDはploop700
現在、相互リンクと
アフィリエイト依頼は
受け付けておりません。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 レビュー 薬の豆知識 ジェネリック医薬品 気になる記事 薬価 薬の要点 緩和ケア 薬の比較 便利 降圧薬 腎機能と薬物治療 鎮痛薬 抗菌薬 漫画 ジェネリック医薬品メーカー 医療用麻薬 インターネット 雑誌「薬局」 利尿薬 アンケート 脳梗塞治療 音楽 調剤 日病薬誌 新薬 ステロイド 薬物動態 android お得 抗うつ薬 喘息・COPD エクセル 輸液 抗不安薬 薬剤管理指導 ローカルドラッグ 糖質制限 院内感染対策 薬の感想 ACCESS 医薬品の価格 糖尿病 病院機能評価 名前の由来 宮崎県北部 ハイリスク薬 お金 薬の管理 腎機能 ボクシング 簡易懸濁法 医療安全 院内感染 ワクチン Android 抗血小板薬・抗凝固薬  育児 テレビ ゲーム 点眼薬 配合変化 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan