ロセフィンの成人投与量は1日1回1gでよい(?)

サンフォードガイド2010を見ていたら、
セフトリアキソンの成人投与量が1日2gじゃなくて1日1gを1回だった。
髄膜炎など重症感染症なら投与量を増やす必要があるのかもしれないが、
通常はこの投与量でいいのか。


情報が古いが
サンフォードガイド2006では

65歳以下1日1回2g
65歳以上1日1回1g
1gを12時間ごとに投与するよりも
2g1日1回のほうが組織濃度良好(蛋白結合を上回る)



というように掲載されていた。

1日2回より1日1回のほうが看護師、薬剤師の手間が減り
患者さんが点滴につながれている時間も減る(ことがある)ので
医師に紹介して基本的に1日1回2gで投与してもらっていた。

1日1回1gだったらバッグ製剤準備して点滴ルート繋げばいいので、
もっと手間が減る。

最近発売された亀田総合病院の総合診療・感染症科マニュアルにも
市中の誤嚥性肺炎にたいしてセフトリアキソン1g/日と載っているので、
通常の感染症なら1日1回1gでいいようだ。

セフトリアキソンは投与回数が少なく、
腎機能に関係なく投与できて、
「通常の感染症なら大体治ってしまう」ので
自分の病院では他の注射用抗菌薬に比べて
使用頻度が非常に高くなってしまっているのが最近の悩みどころ。


↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

【送料無料】総合診療・感染症科マニュアル

【送料無料】総合診療・感染症科マニュアル
価格:2,625円(税込、送料別)

関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 抗菌薬

コメント

非公開コメント

カウンタ
プロフィール

p-loop

Author:p-loop
宮崎県北部在住の病院薬剤師です。
英字論文を読まないので、
成書やネットなどの2次情報~4次情報を調べます。
ploop70@gメール.com
twitterIDはploop700
現在、相互リンクと
アフィリエイト依頼は
受け付けておりません。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 薬の豆知識 レビュー ジェネリック医薬品 気になる記事 薬価 薬の要点 便利 緩和ケア 薬の比較 降圧薬 腎機能と薬物治療 鎮痛薬 漫画 抗菌薬 ジェネリック医薬品メーカー 医療用麻薬 インターネット 雑誌「薬局」 利尿薬 アンケート 脳梗塞治療 調剤 音楽 日病薬誌 新薬 ステロイド android 薬物動態 お得 薬剤管理指導 抗うつ薬 喘息・COPD エクセル 医薬品の価格 抗不安薬 薬の感想 ローカルドラッグ 院内感染対策 お金 糖質制限 ACCESS アフィリエイト 輸液 糖尿病 名前の由来 宮崎県北部 ハイリスク薬 薬の管理 簡易懸濁法 ボクシング 腎機能 病院機能評価 医療安全  育児 院内感染 Android 抗血小板薬・抗凝固薬 配合変化 ゲーム 点眼薬 ワクチン テレビ 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan