GI療法のやり方

高カリウム血症でグルコースインスリン療法を行うとき。
資料によって
・ブドウ糖:インスリンの比率が違う
・投与速度が緩徐に静注だったり点滴静注だったりする
・インスリンが静注だったりブドウ糖に混注だったりする。
・糖尿病で元々血糖が高かったときの対応が載っていない。

というような感じで
「一体どうすればいいんじゃー!」
と疑問に思っていたが

亀田総合病院総合診療・感染症科マニュアルに簡潔明瞭に載っていた。

血糖値300未満
50%ブドウ糖50mLにレギュラーインスリン10単位混注して静注
低血糖予防に10%ブドウ糖50mL 1時間で投与
血糖値を1時間ごとに測定、6時間までフォロー


血糖値300以上
レギュラーインスリン10単位静注
ブドウ糖追加投与は不要

亀田総合病院(編),総合診療・感染症科マニュアル,医学書院,2011,252ppより引用 かなり改変



自分なりの解釈を加えてかなり改変しているので
勘違いしているところがあるかもしれない。
血糖300以上のときの血糖値フォローはどうするか書いていない。
血糖値300未満のときと同じと考えていいのかもしれない。



【送料無料】総合診療・感染症科マニュアル

【送料無料】総合診療・感染症科マニュアル
価格:2,625円(税込、送料別)




関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

コメント

非公開コメント

カウンタ
プロフィール

テツ

Author:テツ
僻地の小規模病院の薬剤師です。


ブログ引っ越ししました。
https://bipop.net/

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 薬の豆知識 レビュー ジェネリック医薬品 薬の要点 薬の比較 便利 緩和ケア 気になる記事 降圧薬 腎機能と薬物治療 薬価 抗菌薬 利尿薬 鎮痛薬 雑誌「薬局」 漫画 アンケート 医療用麻薬 ジェネリック医薬品メーカー 調剤 日病薬誌 薬物動態 インターネット 音楽 ステロイド 抗うつ薬 エクセル 脳梗塞治療 喘息・COPD 薬の感想 薬剤管理指導 android 輸液 糖質制限 ハイリスク薬 抗不安薬 糖尿病 ローカルドラッグ 腎機能 ACCESS 新薬 医療安全 お得 簡易懸濁法 医薬品の価格 抗血小板薬・抗凝固薬 ワクチン 院内感染対策 薬の管理 育児 ゲーム 配合変化 点眼薬 名前の由来  病院機能評価 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan