輸液の浸透圧計算(2011/11/13更新)

※今回の記事は計算間違いや勘違いをしているかもしれないので
間違っていたらこっそりコメントかメールで教えてください


ビーフリード1000mLに塩化ナトリウム補正液20mEq*2A混注の指示が出たので
浸透圧上がるけどどうしたもんかなぁと。
たまに出るこういった指示はいつも代替手段に変えてもらっている。
今回もとりあえず変えてもらった。

でも今まで実際にどれほどの影響があるのか計算したことがなかった。

教科書的な知識では浸透圧が生食比で3を超えると
静脈炎の原因になると言われている。
http://www.nutri.co.jp/dic/ch7-1/keyword4.php
浸透圧ともう一つ投与速度も非常に重要な因子となるだろうが、
知識と経験がないので速度のことは考えない。

あとグリセオールという浸透圧比7の輸液を
末梢から1日2回200mL入れるとかも普通に行われる。
高浸透圧の輸液を連日連夜続けなければ
そこまで気にしなくて良いのかもしれない。

しかし今まで浸透圧の計算を蔑ろにしてきたので、
少しだけチャレンジ。

とりあえず
mEqとmOsm(ミリオスモル)は量の単位でそれに/Lがつくと濃度になるので
その辺がこんがらがらないように量で計算することが必要。

まず生食は NaCl154mEq/L=285mOsm/L
ビーフリードは色々あわせて 845mOsml/L(メーカーに聞いた)

845/285=2.96 これがビーフリードの正確な浸透圧比らしい。

ビーフリード1000mLにNaCl20mEq(20mL)を1A入れるとする。

まずNaCl20mEqのmOsmは

154:285=20:X X=37

1Aあたり37mOsm増える

ビーフリード1000に混ぜて生食と比較

845+37=882mOsm(1020mL中)

882mOsm/1.02L/285mOsm=約3.03

どのくらい浸透圧に影響するか面倒なのでエクセルでやってみた
自分が適当に解釈した表なので理解しにくいと思います。

ビーフリード1000mLにNaCl20mEq20mLを入れていく場合
ビーフリード+NaCl

ソルラクトD500mLにNaCl20mEq20mLを入れていく場合
ソルラクトD+NaCl

ソルラクトD500mLはNaCl20mEq20mLを7Aまで入れられる。
予備容量も160mなのでいけそうだ。
http://www.terumo.co.jp/medical/di/pdf/specific_gravity_etc.pdf


浸透圧ネタでもう一つ皮下輸液に使える輸液の浸透圧比が気になっている。
ソルデム3AGやソルラクトDのような浸透圧比が2を超えるような
輸液が皮下投与でオーダーされることがあった。
皮下投与すると逆に血管内から水を引き寄せるんじゃないかと考えて
ソルデム3Aのような等張液にかえてもらっているが、
果たして正しいのか間違っているのかよくわからん。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 薬の豆知識

コメント

非公開コメント

カウンタ
プロフィール

テツ

Author:テツ
僻地の小規模病院の薬剤師です。


ブログ引っ越ししました。
https://bipop.net/

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 薬の豆知識 レビュー ジェネリック医薬品 薬の要点 薬の比較 便利 緩和ケア 気になる記事 降圧薬 腎機能と薬物治療 薬価 抗菌薬 利尿薬 鎮痛薬 雑誌「薬局」 漫画 アンケート 医療用麻薬 ジェネリック医薬品メーカー 調剤 日病薬誌 薬物動態 インターネット 音楽 ステロイド 抗うつ薬 エクセル 脳梗塞治療 喘息・COPD 薬の感想 薬剤管理指導 android 輸液 糖質制限 ハイリスク薬 抗不安薬 糖尿病 ローカルドラッグ 腎機能 ACCESS 新薬 医療安全 お得 簡易懸濁法 医薬品の価格 抗血小板薬・抗凝固薬 ワクチン 院内感染対策 薬の管理 育児 ゲーム 配合変化 点眼薬 名前の由来  病院機能評価 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan