薬剤師とミルグラム効果と自己信頼残高

今回の記事はちょっと極端かもしれない。

薬剤師は日常的に医師の指示のもとで仕事をする。

ミルグラム効果は閉鎖的環境下で
上司(権威者)の指示が間違っていると思ってもそれに従ってしまう心理のことをいうらしい。

よくあることだが「変な処方」「あまり適切ではない処方」が出たときに
薬剤師は多少の葛藤が、誰しもあると思う。

ここの葛藤で
「医師が決めたことだからいいや」と
判断を医師に丸投げしてしまうことが
上記のようなミルグラム効果に通ずるものがあるんじゃないかと思っている。

そしてそのことによって「7つの習慣」という本で提唱されている
自己信頼残高」を減らすことになる。

葛藤をしてもやっぱり譲れないことは譲れないとできるかぎり食い下がることが
結果的には処方が変わらなかったとしても自己信頼残高を少なくすることはないだろう。
もし適切や処方に改善ができれば自己信頼残高は逆に増える。

自己信頼がない人生は幸せとは言えないと思う。
葛藤してもやるべきことをきちんとする。
「原則」に従うことが自己信頼残高を増やす幸せへの一歩になるはず。

現在の自分の自己信頼残高は0ところか借金状態と言えるほど
自己欺瞞を続けてしまった。

自己管理って本当に難しい・・・。


↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : 日記・雑記

コメント

非公開コメント

はじめまして

以前から少し読ませていただきました。

自己信頼残高私もマイナスおこしてますね
特に院長は薬剤師が問い合わせをすると、
機嫌を損ねて「それでいい」ってきれるから
最近はあきらめて問い合わせもしなくなってます

それじゃダメですよね

少し頑張って見ようかな

はじめまして

どうしても苦手な医師っていますよねー・・・。
すごくわかります。

私は院内のDrは大丈夫なんですが、
非常勤のDrは非常に緊張します。

腹をくくって勢いで問い合わせするしかないんですが、
その腹をくくるのに時間がかかります

疑義照会は当然患者さんの健康のためなんですが、、
自己信頼残高を増やす自分のためでもあると
自分に言い聞かせてなんとか頑張ってます。

それでも度々同じような問い合わせしなくちゃいけないと
気持ちいいものではないし
麻痺してきてしまうときもあります。

自分の中に確固たる原則を持つことと
それを守ることが大切だとわかってるんですが
弱い自分を許してしまってなかなかうまくいっていません。

愚痴みたいになってしまいましたが
共感してくれる方がいて気分が楽になりました。
カウンタ
プロフィール

p-loop

Author:p-loop
僻地の小規模病院の薬剤師です。


twitterIDはploop700
現在、相互リンクと
アフィリエイト依頼は
受け付けておりません。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 レビュー 薬の豆知識 ジェネリック医薬品 気になる記事 薬価 薬の要点 緩和ケア 薬の比較 便利 降圧薬 腎機能と薬物治療 鎮痛薬 抗菌薬 漫画 ジェネリック医薬品メーカー 医療用麻薬 インターネット 雑誌「薬局」 利尿薬 アンケート 脳梗塞治療 音楽 調剤 日病薬誌 新薬 ステロイド 薬物動態 android お得 抗うつ薬 喘息・COPD エクセル 輸液 抗不安薬 薬剤管理指導 ローカルドラッグ 糖質制限 院内感染対策 薬の感想 ACCESS 医薬品の価格 糖尿病 病院機能評価 名前の由来 宮崎県北部 ハイリスク薬 お金 薬の管理 腎機能 ボクシング 簡易懸濁法 医療安全 院内感染 ワクチン Android 抗血小板薬・抗凝固薬  育児 テレビ ゲーム 点眼薬 配合変化 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan