ステロイドなど外用薬の混合の可否

外用薬の混合調整について知らないことが多いのでまとめ

江藤 隆史(2009.9)日本薬剤師会雑誌、61(9)1121-1123

油脂性

水溶性

O/W型

W/O型

ゲル

油脂性

×

×

×

水溶性

×

×

×

O/W型

×

×

×

W/O型

×

×

×

ゲル

×

×

×

×

×

ステロイドなど油脂性の軟膏と、
アトピー性皮膚炎で用いられることの多い保湿剤(ザーネ、ユベラ、レスタミン) など
O/W型の乳剤性基剤を混合した場合
ステロイドの皮膚からの透過性は半減し、効果も半減する可能性がある。

さらにこの組み合わせでは、
水の層が分離していて、細菌汚染されやすくなる。
以上の2点から油脂性基剤のステロイド軟膏とO/W型の混合調整は避けるべきである。
ただし重ねて塗るか、使用時に手のひらの上で混合する分には問題がない。

O/W型の製剤は多く、
パスタロンソフト、ヒルドイドソフト、ネリゾナユニバーサルクリーム、メサデルムクリームの
4つはW/O型であるが、 それ以外のクリーム状の外用薬はほぼ全てO/Wと考えて良い。



ものすごく基本なのかもしれないが
外用剤の混合に関する知識があまり無かったのでこの論文はすごくありがたい。

油脂性基剤と混ぜて問題ないのは4つしかないわけだな。
他は基本的に混ぜないほうがいいのか。
塗るときに手のひらで混ぜてもらうのが薬剤師的には楽だし、
細菌汚染の危険性も減って、より安全になるので積極的に推し進めたいところではある。
混ぜる薬の量や割合は目分量になってしまうけど・・・。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : ステロイド 薬の要点

コメント

非公開コメント

カウンタ
プロフィール

テツ

Author:テツ
僻地の小規模病院の薬剤師です。


ブログ引っ越ししました。
https://bipop.net/

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 薬の豆知識 レビュー ジェネリック医薬品 薬の要点 薬の比較 便利 緩和ケア 気になる記事 降圧薬 腎機能と薬物治療 薬価 抗菌薬 利尿薬 鎮痛薬 雑誌「薬局」 漫画 アンケート 医療用麻薬 ジェネリック医薬品メーカー 調剤 日病薬誌 薬物動態 インターネット 音楽 ステロイド 抗うつ薬 エクセル 脳梗塞治療 喘息・COPD 薬の感想 薬剤管理指導 android 輸液 糖質制限 ハイリスク薬 抗不安薬 糖尿病 ローカルドラッグ 腎機能 ACCESS 新薬 医療安全 お得 簡易懸濁法 医薬品の価格 抗血小板薬・抗凝固薬 ワクチン 院内感染対策 薬の管理 育児 ゲーム 配合変化 点眼薬 名前の由来  病院機能評価 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan