スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心原性脳塞栓症の研修会

心原性脳塞栓症の研修会に出席
うろ覚えだがまとめておく。

講師は橋本洋一郎先生

テンポよく進んで全く飽きない研修だった。

○脳卒中の初回発生後の平均余命は7.5年 5年生存率は50%
 予防が大切

○心原性脳塞栓症を疑ったときはDダイマーとBNPを測定
 Dダイマーが異常値のときは悪性腫瘍かxxxx(早くて聞き取れなかった)。
 両方高いときは心原性脳塞栓症の可能性が高い。

○脳梗塞の原因として心疾患の検索も行う。

○脳塞栓症は7割が非弁膜症性心房細動

○脳梗塞は入院当日から2次予防の開始。
ただし脳塞栓症は24時間待つこともある。
(この理由も説明があったがメモるの忘れて覚えていない)

○心房細動の患者にグリセオールは必須ではなく、
 心不全を持っていることが多いため
 心負担をかけないよう必要な患者にだけ使用する。
 
○ワーファリンの開始量は小さな女性なら2mg、体格が普通の男性は3mg
目標値に達したら減量していく。

○脳梗塞の再発率は1年で1割、10年で5割だが、
 心原性脳塞栓症に限ると10年で75%

○アテローム血栓性脳梗塞でもラクナ脳梗塞でも心房細動があれば、
 抗凝固薬で予防する。

○抗凝固薬の出血リスクスコアとしてHAS-BLEDスコアがある。

○抗血小板療法、抗凝固療法、心疾患がない脳梗塞再発予防なら単剤が原則。

○血圧は低いほどよい、脳梗塞の再発予防なら
 ガイドラインより厳しめに130/80目標。

○CHADS2スコアは心原性脳塞栓症のリスクに関連するが、
 重症度や転機には関連しない。

○JAST試験 アスピリンは心原性脳塞栓症には予防効果なし。

○プラザキサ投与量のCCr計算はCockcroftの式で行う。
 eGFRは体重の因子が入っていない。

○無症候性脳梗塞、脳梗塞を起こしていない人に対する
抗血小板療法はエビデンスがないため不要。
そういう患者にはリスク管理をきっちり行う
具体的には血圧コントロール、脂質管理、必ず禁煙、減塩、減量など。

○抗血小板薬、抗凝固薬を開始後に辞める患者が多い。
アドヒアランスを高める工夫が必要。

○納豆が食べたい患者、NSAIDsを服用したい患者は
ワーファリンよりプラザキサが良いかもしれない。

などなど・・・。

ベーリンガーの共催だったので
内容的には、かなりプラザキサ推しの内容でしたが勉強になりました。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 日記・雑記 抗血小板薬・抗凝固薬

コメント

非公開コメント

カウンタ
プロフィール

テツ

Author:テツ
僻地の小規模病院の薬剤師です。


ブログ引っ越ししました。
https://bipop.net/

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 薬の豆知識 レビュー ジェネリック医薬品 薬の要点 薬の比較 便利 緩和ケア 気になる記事 降圧薬 腎機能と薬物治療 薬価 抗菌薬 利尿薬 鎮痛薬 雑誌「薬局」 漫画 アンケート 医療用麻薬 ジェネリック医薬品メーカー 調剤 日病薬誌 薬物動態 インターネット 音楽 ステロイド 抗うつ薬 エクセル 脳梗塞治療 喘息・COPD 薬の感想 薬剤管理指導 android 輸液 糖質制限 ハイリスク薬 抗不安薬 糖尿病 ローカルドラッグ 腎機能 ACCESS 新薬 医療安全 お得 簡易懸濁法 医薬品の価格 抗血小板薬・抗凝固薬 ワクチン 院内感染対策 薬の管理 育児 ゲーム 配合変化 点眼薬 名前の由来  病院機能評価 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。