[アンケート中間結果]降圧薬の院内採用 ACEIとARB

2012/5/3
降圧薬の院内採用のアンケート数が31件になりました。
回答してくださった皆様有難うございます。

中間結果はこちらから。

元々は自分の病院の採用薬が増加傾向にあり、
採用を絞っていく上での参考になればと思って
アンケートをしてみた次第です。

結果として
予想通り病院規模(病床数)が大きくなるほど採用品目数が増える傾向にありました。

ACE阻害薬やARBをひとつしか採用していない病院も少数ながらありました。

31件中
ACE阻害薬の採用が
レニベース(エナラプリル)だけ 4件
タナトリル(イミダプリル)だけ 3件

ARBの採用が
ミカルディスだけ 1件
ブロプレスだけ  1件
ディオバンだけ  1件

上記の結果とかぶりますが
ACEIはレニベース、ARBはミカルディスだけ 1件
ACEIはレニベース、ARBはブロプレスだけ  1件

ARBは各社の宣伝が一時期盛んに行われていたことや
適応症の違いやドラッグエフェクト
(降圧作用、作用の持続時間、
ニューロタンの尿酸排泄、ミカルディスのPPARγ活性化(?)など)もあってか、
採用品目が1種類の病院は少なかったです。


全体的に見ると採用の多いACE阻害薬は
1位レニベース 25件
2位タナトリル 22件

ARBは
1位ミカルディス 27件
2位ディオバンとブロプレス 25件ずつ
4位オルメテックとニューロタン 19件ずつ

自分の病院の入院患者の持参薬では
ACE阻害薬はほとんどレニベースのジェネリックなイメージがあります。
タナトリルはそんなに多くない。

同様にARBでは
ディオバン=ブロプレス>ニューロタン>ミカルディス
というイメージ
地域差があるのかミカルディスはそこまで多くない。

採用薬が少ないことは
知識の蓄積や病棟の特性、地域連携、医師、薬剤師の覚悟など色々な要素
があるのかもしれません。
採用薬が少ないと持参薬を院内処方に切り替えるときに
変換が必要になってきますが。
それ以降の調剤はしやすいように思います。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 日記・雑記 アンケート

コメント

非公開コメント

カウンタ
プロフィール

p-loop

Author:p-loop
僻地の小規模病院の薬剤師です。


twitterIDはploop700
現在、相互リンクと
アフィリエイト依頼は
受け付けておりません。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 レビュー 薬の豆知識 ジェネリック医薬品 気になる記事 薬価 薬の要点 緩和ケア 薬の比較 便利 降圧薬 腎機能と薬物治療 鎮痛薬 抗菌薬 漫画 ジェネリック医薬品メーカー 医療用麻薬 インターネット 雑誌「薬局」 利尿薬 アンケート 脳梗塞治療 音楽 調剤 日病薬誌 新薬 ステロイド 薬物動態 android お得 抗うつ薬 喘息・COPD エクセル 輸液 抗不安薬 薬剤管理指導 ローカルドラッグ 糖質制限 院内感染対策 薬の感想 ACCESS 医薬品の価格 糖尿病 病院機能評価 名前の由来 宮崎県北部 ハイリスク薬 お金 薬の管理 腎機能 ボクシング 簡易懸濁法 医療安全 院内感染 ワクチン Android 抗血小板薬・抗凝固薬  育児 テレビ ゲーム 点眼薬 配合変化 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan