超適当な輸液の覚え方 Na(塩分)、K、カロリー

小さな一覧表持ってれば覚えなくてもいいかもしれないが、
個人的に医療従事者なら最低限これだけは知っておきたい
輸液のNa量(相当する塩分量)、K、カロリー、生食との浸透圧比(生食と比較した輸液の濃さ)

自分で考えたので回りくどいし、
間違っているところがあれば教えてもらえると助かります。



生食
5%ブドウ糖
(酢酸)リンゲル液はヴィーンF
ブドウ糖加(酢酸または乳酸)リンゲル液はソルラクトDまたはヴィーンD
1号液はソルデム1
3号液ソルデム3A
ブドウ糖加3号液はソルデム3AG
アミノ酸+ブドウ糖輸液はビーフリード(多分アミグランド、パレセーフ、ツインパルも同じ)

基本的に1本=500mL
ブドウ糖のカロリーは1g:4kcal
生食1LのNa量は154mEq
生食との浸透圧比は必ず1以上(1ないと血液より薄く、溶血するため)


という前提で話を進める。

生食
生食は0.9%だから1Lで塩分量は9g
生食1本なら4.5g
カリウム0、カロリー0

5%ブドウ糖
塩分0、カリウム0
カロリーは500mLあたりブドウ糖25gなので
100kcal

リンゲル液
細胞外液だから生食にかなり近いNa量があるはず。
だけど生食ほど多くもない。
リンゲル液1本でNaは130mEq
厳密には塩分3.8g相当くらい。

適当に覚えるならリンゲル液1本で塩分4g弱

Kは2mEq

ヴィーンFのFは糖FreeのF 当然カロリー0。生食と等張(浸透圧比1)

ヴィーンD、ソルラクトDのDは:Dextros(グルコースの別名?)のD
覚えにくいからD-グルコースのDと覚えている。

ブドウ糖の濃度は5%なので生食との浸透圧比2

カロリーは5%ブドウ糖と一緒なので100kcal

1号液(ソルデム1)
1/2生食+1/2ブドウ糖
4.5gの半分だから塩分量は2g強

Kは0

カロリーは浸透圧比が1ということから考えると
1/2の生食で既に浸透圧比0.5

残りの浸透圧をブドウ糖が補っているとすれば
ブドウ糖も半分の2.5%と推測。

2.5%だと1本あたり12.5gだから50kcalくらい。

3号液(ソルデム3A)
1/4生食+ブドウ糖
生食の1/4だから塩分量は4.5gの1/4
大体1本1g強

Kは10mEq

カロリーは浸透圧比が1なので
1/4の生食で既に0.25

残りの0.75をブドウ糖で補っているとすれば
ブドウ糖は5%の0.75倍
カロリー計算は25g*0.75*4=75kcal
実際はもう少しある(80kcalちょっと)

ブドウ糖加3号液(ソルデム3AG)
NaとKは3号液と一緒

ブドウ糖が3号液から7.5%に増量し、浸透圧比は2
ブドウ糖が7.5%なので37.5g
カロリーは37.5*4=150kcal

アミノ酸+ブドウ糖輸液(ビーフリード、パレセーフ、ツインパル、アミグランド)
ソルデム3AG+アミノ酸で浸透圧比3
Naは3号液と同じなので塩分量1gちょっと

Kは10mEq

カロリーは210kcal




ご飯茶碗1杯分のご飯が230~240kcalなので
経口と比較して輸液のカロリーの少なさがわかるような気がする。

普段よく使う輸液のK量は
10mEq:ビーフリード、3号液
2mEq:リンゲル液
0:生食、ブドウ糖、1号液

NaCl1gで17mEqと覚えておくと
NaCl補正液20mEqが1gちょっとだとわかる。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 薬の要点

コメント

非公開コメント

カウンタ
プロフィール

p-loop

Author:p-loop
僻地の小規模病院の薬剤師です。


twitterIDはploop700
現在、相互リンクと
アフィリエイト依頼は
受け付けておりません。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 レビュー 薬の豆知識 ジェネリック医薬品 気になる記事 薬価 薬の要点 緩和ケア 薬の比較 便利 降圧薬 腎機能と薬物治療 鎮痛薬 抗菌薬 漫画 ジェネリック医薬品メーカー 医療用麻薬 インターネット 雑誌「薬局」 利尿薬 アンケート 脳梗塞治療 音楽 調剤 日病薬誌 新薬 ステロイド 薬物動態 android お得 抗うつ薬 喘息・COPD エクセル 輸液 抗不安薬 薬剤管理指導 ローカルドラッグ 糖質制限 院内感染対策 薬の感想 ACCESS 医薬品の価格 糖尿病 病院機能評価 名前の由来 宮崎県北部 ハイリスク薬 お金 薬の管理 腎機能 ボクシング 簡易懸濁法 医療安全 院内感染 ワクチン Android 抗血小板薬・抗凝固薬  育児 テレビ ゲーム 点眼薬 配合変化 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan