スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイアザイド系利尿薬は重篤な腎障害に単独投与しないほうがよい(2012/11/15更新)

2012/11/15追記

CKD診療ガイド2012(PDF)
http://www.jsn.or.jp/guideline/pdf/CKDguide2012.pdf

CKD ステージ G1~G3 におけるサイアザイド系利尿薬の併用は,
尿蛋白減少効果を増強する.
ただし,併用する場合には
eGFR の低下に十分注意する必要がある.
CKD ステージ G4~G5 において長時間作用型
ループ利尿薬併用時には,効果不十分な場合には
長時間作用型ループ利尿薬とサイアザイド系利尿薬の
両者の併用も認められるが,eGFR の低下や
低 K 血症には十分注意する必要がある.

67ページより引用



長時間作用型ループ利尿薬併用なら重度腎障害時も投与は可能のようです。




以下2010/1/16記載

チアジド系はcre1.5以上の患者に禁忌
(糸球体濾過をさらに低下→悪化
GFR30mL/min以下は無効
蓄積による副作用も増強


龍原 徹(2009)ポケット医薬品集2009 白文舎 325ppより


GFR15~20mL/min以下では効果が期待できない
治る.com フルイトランの項目より



フルイトランはCcr10未満は禁忌
CKD診療ガイド第1版より



禁忌
1. 無尿の患者[本剤の効果が期待できない。]
2. 急性腎不全の患者[腎機能を更に悪化させるおそれがある]
フルイトラン添付文書より



以上より添付文書には明確に書いていないが、
重篤な腎機能障害では効果がなく、副作用が増え、腎機能を悪化させてしまう恐れがあるようだ。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村


関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 腎機能と薬物治療 利尿薬

コメント

非公開コメント

カウンタ
プロフィール

テツ

Author:テツ
僻地の小規模病院の薬剤師です。


ブログ引っ越ししました。
https://bipop.net/

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 薬の豆知識 レビュー ジェネリック医薬品 薬の要点 薬の比較 便利 緩和ケア 気になる記事 降圧薬 腎機能と薬物治療 薬価 抗菌薬 利尿薬 鎮痛薬 雑誌「薬局」 漫画 アンケート 医療用麻薬 ジェネリック医薬品メーカー 調剤 日病薬誌 薬物動態 インターネット 音楽 ステロイド 抗うつ薬 エクセル 脳梗塞治療 喘息・COPD 薬の感想 薬剤管理指導 android 輸液 糖質制限 ハイリスク薬 抗不安薬 糖尿病 ローカルドラッグ 腎機能 ACCESS 新薬 医療安全 お得 簡易懸濁法 医薬品の価格 抗血小板薬・抗凝固薬 ワクチン 院内感染対策 薬の管理 育児 ゲーム 配合変化 点眼薬 名前の由来  病院機能評価 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。