有効循環血漿量と血液量の関係

循環調節

有効循環血漿量とは何か

図において、センサー(圧受容器)は腎の輸入細動脈や心臓、頸動脈等に存在し、
量そのものよりも、圧や伸展刺激を感知している。
つまり、有効循環血漿量とは細胞外液のうち、
センサーの存在する部位を有効に還流する循環の容量(圧)を意味する。

一部の病態では細胞外液量と有効循環血漿量はパラレルな関係にない。
例えば、心不全では主に静脈系の容量の増加で細胞外液量は増大しているが、
心拍出量の低下により腎還流圧や頸動脈圧が低下しているため、
Na排泄量が低下し、さらに細胞外液量を増やす結果となる。

浮腫・胸腹水の治療
■腎不全や多くのネフローゼ症候群と違い、
心不全、肝硬変における腎でのNa貯留は
低下した有効循環血漿量を保つための代償反応である。
このような場合、浮腫・胸腹水の治療は
有効循環血漿量をさらに低下させる可能性がある。
 →例えば、高度心不全や浮腫を伴わない肝硬変など、
  有効循環血漿量が有意に低下している病態では、
  1日500~750mL以上の除水(利尿薬や血液濾過などによる)は
  さらなる有効循環血漿量の低下を起こし、
  循環虚脱や急性腎不全の原因となりうる。

深川雅史,吉田裕明,安田隆(編),レジデントのための腎疾患診療マニュアル,2005,pp107-108から引用一部改変



静脈うっ滞などで細胞外液量は増えているのに
動脈のセンサー部分を流れている血液の圧力や量が保たれない場合がある。

それで有効循環血漿量が少ないとセンサーに判断されて
水やNaを溜め込もうとする。
そしてRAA系の亢進やADH上昇が起こり
さらに心臓の負担が増えるという悪循環。

高度心不全の除水は
血液量はあるけど心臓のポンプ機能が弱すぎて
有効循環血漿量が正常と判断されていないということかな。

浮腫を伴わない肝硬変のところは病態をまだ理解しきれていない。
独立行政法人国立国際医療研究センター 肝炎情報センターの肝硬変のページにも
有効循環血漿量などの話題が出てきているので
参考になるかもしれない。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : 輸液

コメント

非公開コメント

カウンタ
プロフィール

p-loop

Author:p-loop
僻地の小規模病院の薬剤師です。


twitterIDはploop700
現在、相互リンクと
アフィリエイト依頼は
受け付けておりません。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 レビュー 薬の豆知識 ジェネリック医薬品 気になる記事 薬価 薬の要点 緩和ケア 薬の比較 便利 降圧薬 腎機能と薬物治療 鎮痛薬 抗菌薬 漫画 ジェネリック医薬品メーカー 医療用麻薬 インターネット 雑誌「薬局」 利尿薬 アンケート 脳梗塞治療 音楽 調剤 日病薬誌 新薬 ステロイド 薬物動態 android お得 抗うつ薬 喘息・COPD エクセル 輸液 抗不安薬 薬剤管理指導 ローカルドラッグ 糖質制限 院内感染対策 薬の感想 ACCESS 医薬品の価格 糖尿病 病院機能評価 名前の由来 宮崎県北部 ハイリスク薬 お金 薬の管理 腎機能 ボクシング 簡易懸濁法 医療安全 院内感染 ワクチン Android 抗血小板薬・抗凝固薬  育児 テレビ ゲーム 点眼薬 配合変化 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan