Windows 7 HP 64bit Open Office更新時からブルースクリーン

OpenOfffice3.4に更新中突然
PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA
ntoskrnl.exe win32k.sys
という項目が載っているブルースクリーンが出て苦労した。

その後
OpenOfficeをインストールし直そうとしたとき
Windows付属のペイントでテキストを画像に入力するとき
Chrome plus(現Cool Novo)でニコニコ動画を見たら必ず
必ず同じブルースクリーン。

ニコニコ動画は何故かインターネットエクスプローラーだと普通に見れた。

しかしこれではやってられないので四苦八苦してなんとか復活した。

改善した(ブルースクリーンが起こらなくなった)理由
OpenOfficeをFドライブにインストール済みだったにもかかわらず、
更新時にCドライブを指定していたことが原因っぽかった。
OpenOfficeの再インストールをする前に
CドライブのOpenOfficeフォルダを消して
元のフォルダを指定して再インストールしたら
起こらなくなった

改善につながったのかわからない
・電源オプションの詳細設定 PCIExpress リンク状態の電源管理 オフ


やったけど改善にはならなかったこと
・最近入れたMacTypeというソフトをアンインストール

・ウイルスソフト(Microsoft Security Essentials)をアンインストール

・Blue Screen Viewというソフトでブルースクリーンの原因調査
 (結局わけがわからなかった)

・メモリの抜き差し

・Windows 7のメモリチェック

今までブルースクリーンが頻繁に出るようになったら
パソコンの買い替えをしていたので今回も
戦々恐々だったが初めて復活させることができた。

復元ポイントを全然とっていなかったことも
焦ってしまう原因の一つになった。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

tag : 日記・雑記

コメント

非公開コメント

カウンタ
プロフィール

p-loop

Author:p-loop
僻地の小規模病院の薬剤師です。


twitterIDはploop700
現在、相互リンクと
アフィリエイト依頼は
受け付けておりません。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 レビュー 薬の豆知識 ジェネリック医薬品 気になる記事 薬価 薬の要点 緩和ケア 薬の比較 便利 降圧薬 腎機能と薬物治療 鎮痛薬 抗菌薬 漫画 ジェネリック医薬品メーカー 医療用麻薬 インターネット 雑誌「薬局」 利尿薬 アンケート 脳梗塞治療 音楽 調剤 日病薬誌 新薬 ステロイド 薬物動態 android お得 抗うつ薬 喘息・COPD エクセル 輸液 抗不安薬 薬剤管理指導 ローカルドラッグ 糖質制限 院内感染対策 薬の感想 ACCESS 医薬品の価格 糖尿病 病院機能評価 名前の由来 宮崎県北部 ハイリスク薬 お金 薬の管理 腎機能 ボクシング 簡易懸濁法 医療安全 院内感染 ワクチン Android 抗血小板薬・抗凝固薬  育児 テレビ ゲーム 点眼薬 配合変化 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan