水浸しになった車のカーペットの乾燥

車のマットの下にある、外せないカーペットが水浸しになったときに必要なもの

●ペットシーツ
●室内で使う普通の除湿機
●サーキュレーターもしくは扇風機
●長めの電気の延長コード

吸い取れるほどの水はペットシーツをあててガシガシ踏んで吸い取ります。
あらかた吸ったら
延長コードを窓の隙間から入れて、
車の濡れているところに風を当てながら除湿機をフルパワーで稼働させるだけです

除湿機の代わりに車のエアコンをフル稼働させる方法もありますが、
環境面と防犯面であまりやろうと思いませんでした。

実際の図↓
DCIM0189.jpg

中央やや左の黒いサーキュレーターは逆さまにして座席下に風を送っています。
当然、温かい晴れの日中に行ったほうが効果大。


ペットシーツで充分水を吸った後にやった結果

最低気温6度の夜8時から一晩中
→次の日の最高気温19度の日中日が当たるところに車を止めて
夕方5時くらいまでずっと稼働。

風があたるところを1回変更しながら、
合計1.5Lくらいの除湿ができました。

ほとんどカーペットは乾いていますが
まだ一部で押したら少し水が残っているような感じ。

8割~9割は除水できた感触です。




これ以降の書き込みは愚痴です。

現在の車は10年目の古い車(初代フィット)ですが、
まさか10年乗ったからって雨漏りすると思わなかった・・・。

ディーラーに持って行ったら
雨漏りの修理で2万5千円かかって代車の手配で4日後っていうし、
テンション下がりまくりだったのですが、
なんとネット検索すると初代フィットの雨漏りは定番の欠陥らしく、
解決法を動画にしてくれてる方がいました。

http://www.youtube.com/watch?v=OsHZds9e-ZI

速攻ナフコでコーキング剤とコーキングガンとヘラ(全部で600円強)を買ってきて自分でチャレンジ。

出来栄えは汚いですが一切雨漏りはなくなりました。

フィットをものすごく気に入っていたけれど
もうホンダの車を買うことは一生ないでしょう・・・。

だけどこのトラブルがなければコーキングという作業を自分ですることは一生なかっただろうから、
その点は少し感謝している。
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : 日記・雑記

コメント

非公開コメント

カウンタ
プロフィール

p-loop

Author:p-loop
僻地の小規模病院の薬剤師です。


twitterIDはploop700
現在、相互リンクと
アフィリエイト依頼は
受け付けておりません。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 レビュー 薬の豆知識 ジェネリック医薬品 気になる記事 薬価 薬の要点 緩和ケア 薬の比較 便利 降圧薬 腎機能と薬物治療 鎮痛薬 抗菌薬 漫画 ジェネリック医薬品メーカー 医療用麻薬 インターネット 雑誌「薬局」 利尿薬 アンケート 脳梗塞治療 音楽 調剤 日病薬誌 新薬 ステロイド 薬物動態 android お得 抗うつ薬 喘息・COPD エクセル 輸液 抗不安薬 薬剤管理指導 ローカルドラッグ 糖質制限 院内感染対策 薬の感想 ACCESS 医薬品の価格 糖尿病 病院機能評価 名前の由来 宮崎県北部 ハイリスク薬 お金 薬の管理 腎機能 ボクシング 簡易懸濁法 医療安全 院内感染 ワクチン Android 抗血小板薬・抗凝固薬  育児 テレビ ゲーム 点眼薬 配合変化 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan