チームラボアイランドの口コミ 感想

チームラボアイランド熊本にいってきました。
自分と子供2人(3歳、5歳)です。

チームラボアイランドは「共同で創造する「共創(きょうそう)」の体験を学ぶ遊園地です」

「お絵かき水族館」、「お絵かきタウン」&「お絵かきタウンペーパークラフト」、
「つくる!僕の天才ケンケンパ」、
「まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり」、
「小人が住まうテーブル」、
「光のボールでオーケストラ 」

娯楽・暇つぶしで考えると
私はデジタルな展示なのでどうしてもゲーセン(特に定額のラウンド1)とくらべてしまいます。

その見方で遊ぶ時間・面白さ・費用から思った結論は
「コスパ悪い」です

その理由を書いていきます

まず入場料ですが
大人1200円 3才以上小学生まで700円
大人1人と子供2人で2600円払いました。

「お絵かき水族館」、「お絵かきタウン」&「お絵かきタウンペーパークラフト」
ペーパークラフト以外は自分の書いたアナログ絵が
デジタルに変換されて町の中を走る車になったり
水槽の中を泳ぐ魚になったりというものです。

スクリーンはすごく大きくて自分の車を見失うこともあります。

この展示は絵を描いて画面に登場するまではワクワクするのですが、
それ以降の変化が乏しくずっと見たいと思いません。

クリエイティブな心を育むという教育目的でやっているためか
このチームラボアイランドはゲーム性が全くありません。

もし男ならバトルや対戦が好きなので
戦車や大砲、ミサイルなどを書くようにして
自分が作ったキャラクターが何か(例えば宇宙人)を倒すという展示だったら
楽しいと思います。

もしくは乗り物がいいなら車のボディをぶつけあってどの車(または魚)が最後まで潰れないかなど。
男の子はそういうことにエキサイトする生き物だと思います。

野蛮過ぎる提案かもしれません。
ただ、競争心を掻き立てることも教育の一つだとは思います。

女の子は育てていないのでよくわかりませんが
作った後デジタルに変換されたデータにスタンプなどで
デコったりできると楽しいんじゃないかな。

かわいさを数値化してバトルできても面白そうですね。

あとは絵をかく紙は一人一枚にしてくださいと表示されていたこと。
紙が明らかに上質なのはわかるんですが、
せめて何枚か描かせてもらえるとありがたい。

「つくる!僕の天才ケンケンパ」
これはわりと面白いのですが
子供は2回くらいすると飽きました。

「小人が住まうテーブル」
「まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり」
ゲーム性がなさすぎて数分で飽きます。

「光のボールでオーケストラ 」
音がボールと連動しているようなのですがまわりが子供の声でガヤガヤしていてわかりにくく、
ただの玉転がし化しているような・・・。

結局全部やっても30分で飽きて退場しました。

未就学児だとラウンド1のほうがコスパで考えるといいです
大人も子供料金で入れるので1人680円で3時間入れます。

ゲーセンやり放題のコーナーで
ボールを実際に投げるガンシューティング様ゲーム 「激投伝説ブロックキング」

名前はわからないがスクリーンの前に本物のブロックを積み上げて
画面上の小人を高いところに登らせて果物を取らせるゲーム

太鼓のリズムゲーム

単純にエアホッケー

風船だらけのトランポリン

ローラースケート

ジャングルジム

釣り堀で魚釣り

教育目的で考えるとチームラボアイランドがクリエイティブを売りにしていて軍配が上がるかもしれませんが
娯楽としてとらえるとラウンド1のほうがコスパがいい。
体も動かせます。

何より大人1200円って高い気がする。子供に付いているだけで何もしないのに・・・。

関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

tag : レビュー

コメント

非公開コメント

カウンタ
プロフィール

p-loop

Author:p-loop
僻地の小規模病院の薬剤師です。


twitterIDはploop700
現在、相互リンクと
アフィリエイト依頼は
受け付けておりません。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 レビュー 薬の豆知識 ジェネリック医薬品 気になる記事 薬価 薬の要点 緩和ケア 薬の比較 便利 降圧薬 腎機能と薬物治療 鎮痛薬 抗菌薬 漫画 ジェネリック医薬品メーカー 医療用麻薬 インターネット 雑誌「薬局」 利尿薬 アンケート 脳梗塞治療 音楽 調剤 日病薬誌 新薬 ステロイド 薬物動態 android お得 抗うつ薬 喘息・COPD エクセル 輸液 抗不安薬 薬剤管理指導 ローカルドラッグ 糖質制限 院内感染対策 薬の感想 ACCESS 医薬品の価格 糖尿病 病院機能評価 名前の由来 宮崎県北部 ハイリスク薬 お金 薬の管理 腎機能 ボクシング 簡易懸濁法 医療安全 院内感染 ワクチン Android 抗血小板薬・抗凝固薬  育児 テレビ ゲーム 点眼薬 配合変化 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan