FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

院内でARBの処方が減ってACEが増えたと思ったら

最近ARBの処方が激減してACE阻害薬が増えたと思ったので確認してみた。

image (1)

縦軸は処方量
1日1患者あたり何錠使っているか
ブロプレス4mg=ディオバン40mg=ニューロタン25mg=アバプロ50mg
=レニベース5mg
上記で換算した錠数
(アバプロ以外はジェネリック使用)
持ち込みは除く

体感的にはARBが激減していると思っていたけどそうでもなかった。
でも変化はしている。

この変化が起きた理由は単純である。

理由は医師の退職や就職でARBを好む医師が減り
ACE阻害薬を使いたがる医師が増えたこと。

調べていないけど、持参薬でARBが減っている感じはしない。

なんだかんだで医師がACE阻害薬派だと
持ち込みがARBでなんとなく継続していても
そのうちACEに変わることが多い。

薬価比較もしようと思ったけど
今はACEもARBもジェネリックなら
ほとんど変わらないほど納入価が下がっているのでやめた。
(カンデサルタン4mgとバルサルタン40mgは1錠10円くらい)
関連記事

コメント

非公開コメント

カウンタ
プロフィール

テツ

Author:テツ
僻地の小規模病院の薬剤師です。


ブログ引っ越ししました。
https://bipop.net/

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 薬の豆知識 レビュー ジェネリック医薬品 薬の要点 薬の比較 便利 緩和ケア 気になる記事 降圧薬 腎機能と薬物治療 薬価 抗菌薬 利尿薬 鎮痛薬 雑誌「薬局」 漫画 アンケート 医療用麻薬 ジェネリック医薬品メーカー 調剤 日病薬誌 薬物動態 インターネット 音楽 ステロイド 抗うつ薬 エクセル 脳梗塞治療 喘息・COPD 薬の感想 薬剤管理指導 android 輸液 糖質制限 ハイリスク薬 抗不安薬 糖尿病 ローカルドラッグ 腎機能 ACCESS 新薬 医療安全 お得 簡易懸濁法 医薬品の価格 抗血小板薬・抗凝固薬 ワクチン 院内感染対策 薬の管理 育児 ゲーム 配合変化 点眼薬 名前の由来  病院機能評価 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。