宮崎県北部の脳梗塞診療体制の状況 医療崩壊の聖地より

私が住む宮崎県北部は2009年3月で、
地域の唯一の基幹病院である県立延岡病院から神経内科医が退職されて、
宮崎県北部には一人も神経内科の専門医がいなくなった。
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news-spe/20090510-657764/news/20090510-OYS1T00416.htm

それからどこが脳梗塞の救急患者を診ることになったかというと、
今まで救急を受けていなかった病院を含む中小病院で
曜日を決めて輪番で脳梗塞患者を受け入れることになった。
一次救急から三次救急まで受け入れる県病院は軽症患者の増加で、
対応できないと判断したのか、
医師会と県病院で話し合って決まったことらしい。

私は詳細な事情を知らないがちょっとそれからのことを書いてみようと思う。

医師を呼ぶための署名活動が行われたが、
当然新たな神経内科の医師が来ることはなかった。
署名活動をするくらい必死な市民がいるところに来たいと思う医師は
ほとんどいないだろう。
2009年3月まで勤務していた神経内科の医師も本当に頑張ってくれていたんだと思う。
脳梗塞患者の情報提供書にはいつも同じ医師の名前が記載されていたから。


まず、輪番を受け入れている病院は脳神経外科の病院が1カ所あるだけで、
他は療養病床がほとんどの老人病院や「CTがない」病院さえ含まれている。

そのため宮崎県北部でrt-PAによる血栓溶解療法を受けられるチャンスは
ほぼなくなったと考えてもいいだろう。
一応県病院の脳外科で行えることは行えるらしいが、
救急隊がまず他の病院に搬送するから、
3時間の時間制限をクリアできない。

現在も同じだが、2009年4月から救急隊が脳卒中を疑った患者は
まずその日輪番の病院に搬送されて、CTで脳出血もしくはくも膜下出血だったら県病院、
CTで出血所見がなければ輪番病院で診るという方式になった。
CTが無い病院がどうしているかはよく知らない・・・。
だから救急隊は脳卒中疑い患者を搬送してきて終わりというわけではなく、
脳卒中疑い患者のCTの出血所見の有無が確定するまで、
現場で待っているのである。


どの病院も脳梗塞急性期治療のノウハウを知らない医療従事者がほとんどだったんではないだろうか。
3月に退職された神経内科の医師が1回だけ脳梗塞の急性期治療について、
講演会を開き、それ以降は医師会の研修会で脳梗塞治療について熊本の医師が
講義を行ってくれただけだった。

あとは輪番を受け入れる医療機関の医師を中心に勉強するしかない。
ガイドラインもあまり具体的なことは書いてくれていない。
むしろ急性期の脳梗塞に対する治療より、
血圧や不穏時の鎮静を含む全身管理の方法に難渋したように思う。

ただ、これまで専門医が行っていた治療を、
同じ質で提供できているかはわからない。
脳梗塞は死亡率が低くない疾患であり、
「専門医がいなくなったから今日から専門ではないけど脳梗塞の治療をやる」
といって軽く治療できるような疾患ではないように思える。

脳卒中治療ガイドライン2009が2ヶ月ほど前に発行されて、
最近それをもう一度読んでいる。

県外から来た人間なので宮崎全体のことはあまり詳しくないが、
延岡はいいところだと思う。
物価は安いし、人は優しいし、魚、野菜は獲れたて、豚はハマユウポーク、牛は宮崎牛、
鳥は地鶏、何を食べてもおいしい。
特に魚(特に刺身)は本当にうまい。

高速がなくて都会が遠いけど、
田舎が好きな人には慣れてくればなんてことはないだろう。

それだけに医療体制がもっとしっかりしていれば、
すごく住みやすいところだ。

市民がちゃんと勉強して病気(特に脳梗塞)にならないように、
自己管理するのが一番の自衛策なんだろうな。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 宮崎県北部

コメント

非公開コメント

カウンタ
プロフィール

p-loop

Author:p-loop
僻地の小規模病院の薬剤師です。


twitterIDはploop700
現在、相互リンクと
アフィリエイト依頼は
受け付けておりません。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 レビュー 薬の豆知識 ジェネリック医薬品 気になる記事 薬価 薬の要点 緩和ケア 薬の比較 便利 降圧薬 腎機能と薬物治療 鎮痛薬 抗菌薬 漫画 ジェネリック医薬品メーカー 医療用麻薬 インターネット 雑誌「薬局」 利尿薬 アンケート 脳梗塞治療 音楽 調剤 日病薬誌 新薬 ステロイド 薬物動態 android お得 抗うつ薬 喘息・COPD エクセル 輸液 抗不安薬 薬剤管理指導 ローカルドラッグ 糖質制限 院内感染対策 薬の感想 ACCESS 医薬品の価格 糖尿病 病院機能評価 名前の由来 宮崎県北部 ハイリスク薬 お金 薬の管理 腎機能 ボクシング 簡易懸濁法 医療安全 院内感染 ワクチン Android 抗血小板薬・抗凝固薬  育児 テレビ ゲーム 点眼薬 配合変化 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan