先発薬と差額の大きいジェネリック医薬品の例

後発薬を選ぶ基準で先発との1週間分の差額を調べた。
後発薬に変更すると金銭的メリットが大きい後発医薬品の例。

表は3割負担の場合、1週間でどれくらい安くなるかを示している。
先発薬名1日量1週間の薬価
(3割負担)
塩酸バンコマイシン散0.5g「シオノギ」4V-10000円
塩酸バンコマイシン散0.5g「シオノギ」1V-2600円
リーバクト顆粒3包-900円
プレタール錠50mg4錠-600円
フオイパン錠100mg3錠-550円
オパルモン錠5μg6錠-400円
プレタール錠100mg2錠-300円
クラビット錠100mg3錠-300円
リザベンカプセル100mg3C-300円
ラミシール錠100mg1錠-250円
ブラダロン錠200mg3錠-250円
バップフォー錠10mg2錠-250円
メインテート錠5mg1錠-250円
アレジオン錠20mg1錠-250円



安くなる金額はジェネリック医薬品によって差があるので、大体の数値。
ゾビラックスも相当安くなりそうだが、
用法が1日5回と面倒なので採用していない。

クラビットは500mg錠を1日1回(レボフロキサシン錠100mgであれば5錠)服用するとすれば、
1週間の差額は136.5円と小さくなる。
前にレセ担当の人に聞いたが
外来と違い入院では1日量はレセプトで提出するが、
用法はレセプト提出しなくてもよいので、
査定されることはないらしい。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : ジェネリック医薬品 薬価

コメント

非公開コメント

カウンタ
プロフィール

p-loop

Author:p-loop
僻地の小規模病院の薬剤師です。


twitterIDはploop700
現在、相互リンクと
アフィリエイト依頼は
受け付けておりません。

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 レビュー 薬の豆知識 ジェネリック医薬品 気になる記事 薬価 薬の要点 緩和ケア 薬の比較 便利 降圧薬 腎機能と薬物治療 鎮痛薬 抗菌薬 漫画 ジェネリック医薬品メーカー 医療用麻薬 インターネット 雑誌「薬局」 利尿薬 アンケート 脳梗塞治療 音楽 調剤 日病薬誌 新薬 ステロイド 薬物動態 android お得 抗うつ薬 喘息・COPD エクセル 輸液 抗不安薬 薬剤管理指導 ローカルドラッグ 糖質制限 院内感染対策 薬の感想 ACCESS 医薬品の価格 糖尿病 病院機能評価 名前の由来 宮崎県北部 ハイリスク薬 お金 薬の管理 腎機能 ボクシング 簡易懸濁法 医療安全 院内感染 ワクチン Android 抗血小板薬・抗凝固薬  育児 テレビ ゲーム 点眼薬 配合変化 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan