FC2ブログ

ゾシンの腎障害時の投与量(2012/4/4更新)

2012/4/4 コメントでインタビューフォームにゾシンの腎障害時の投与量が載っていることを
教えていただきました。

ゾシン
ゾシン インタビューフォームより



ついでにサンフォードガイド2010(少し古いです)も載せておきます

CCr50以上 6-8時間ごとに3.375g~4.5g
CCr20~50 6時間ごとに2.25g
CCr20未満  8時間ごとに2.25g
血液透析  8時間ごとに2.25g 透析後に0.75gを投与
腹膜透析  12時間ごとに4.5g


以下20104/17記載

たまに「ゾシン+腎障害、Ccr、eGFR」というキーワードで
検索してこられる方がいるので 腎機能に応じたタゾバクタム・ピペラシリンの投与量について。

rxlist(レックスリストと読む?)というアメリカの
添付文書情報サイトの添付文書より
http://www.rxlist.com/cgi/generic/zosyn.htm

腎機能 (CCr:mL/min)院内肺炎以外院内肺炎
> 40 mL/min3.375g 6時間ごと4.5g 6時間ごと
20-40 mL/min*2.25g 6時間ごと3.375g 6時間ごと
< 20 mL/min*2.25g 8時間ごと2.25g 6時間ごと
血液透析**2.25g 12時間ごと2.25g 8時間ごと
CAPD2.25g 12時間ごと2.25g 8時間ごと
* Creatinine clearance for patients not receiving hemodialysis 
** 0.75 g should be administered following each hemodialysis session on hemodialysis days


3.375gという規格が日本にはないので
その辺はリスクに応じて調節が必要そうだ。
言うまでもないがβーラクタムは時間依存性だから用量よりも、
投与間隔のほうが大事かもしれない。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 腎機能と薬物治療 抗菌薬

eGFRの値によらず蛋白尿は死亡率の上昇に関係する。

日経メディカルのニュース
eGFRがほぼ正常でも蛋白尿があれば死亡率が上昇

内科開業医のお勉強日記の同じ論文の解説?
http://intmed.exblog.jp/9850203/

とりあえずeGFR「だけ」を見て、
CKDの病期分類をすることは問題がありそうだ。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 気になる記事 腎機能

体表面積未補正eGFR計算フォーム

前回の記事で体表面積未補正eGFRを計算するエクセルファイルを作成したので、
愛知県腎臓病患者連絡協議会のeGFR計算フォームを参考に
体表面積未補正eGFR計算フォームも作成してみた。
http://ploop70.web.fc2.com/gfr.html
このページをローカルに保存しても動くはず。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 腎機能と薬物治療

薬物投与設計におけるeGFRの有用性 日病薬誌 第46巻2号(179-182)2010

今月の日病薬雑誌にeGFRと腎機能の考え方について掲載されていたのでまとめ
著者は大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 堀尾 勝氏

引用しながら一部改変

本気で腎機能が知りたい場合はイヌリード注を使って
イヌリンクリアランスを測定すると実測のGFRを知ることができる。



図A
実測Ccrと実測GFR比較
24時間蓄尿によるクレアチニンクリアランスは図Aのように実測GFRより20~30%高い値になる。
GFRの換算にはCcrに0.715をかけるとGFRを求めることができる。



クレアチニンは従来Jaffe法という測定法だったが、
現在は酵素法である。
Jaffe法は酵素法に比べて0.2mg/dLほどクレアチニンが高くなる。
この測定法をもとにクレアチニンクリアランスは
GFRに近似した値になっていた。
図B
JeFFe法と酵素法

図Bのように現在の酵素法の測定で求めるCcrは
GFRより高い値を示す。



Cockcroft-Gaultの式は実測GFRより高くなる傾向にあるが、
図Cのように70歳以上ではGFRに近似した値になる
図C
CG式グラフ

ただし日本人の高齢者は図Dのようにcockcroftらのデータより
単位体重あたりのクレアチン排泄が多く、
CG式では高齢者が低く推算される要因となっている

図D
日本の高齢者tCGデータ比較



日本人のGFR推算式より求められるeGFRは18歳以上の成人が対象であり、小児には適用できない。
体表面積補正値が算出される点に特徴があり、
CKDのステージ分類など基準域との比較に有用である。
反対に、薬物投与量設定時のGFR(mL/min)を算出するには
体表面積補正を外す必要があり、症例の体表面積を体重、身長より求め、
再計算を行う。


体表面積=体重(kg)^0.425x身長(cm)^0.725x0.007184

体表面積未補正eGFR=0.806xCr^-1.094x年齢^-0.287x体重^0.425x身長^0.725



図EのようにGFR推算式の正確度は、実測GFRの±30%の範囲に75%の症例が含まれる程度であり、
大きく外れる症例が存在することに注意が必要である。
ただし、それでもcockcroftGaultの式よりは正確である。

図E
実測CcrとeGFR比較



薬剤の添付文書にあるCcr別投与量は、
単位が(mL/min)であり、
eGFRの(mL/min/1.73)とは異なっている。
そのため体表面積未補正のeGFRを用いる必要がある。



今回の記事をまとめてまた新しいことがわかった。
今までeGFRの単位についてよくわかっていなかったが、
添付文書のCcr=推算式で求めたeGFRではなくて。
eGFRを体表面積未補正にした値をもとに投与量を調節する必要があるということだ。

適当だけどcockcroftGault式、eGFR、体表面積未補正eGFRを計算する
エクセルファイルを作ったのでUP
https://spreadsheets.google.com/ccc?key=0AoAQ3_5v0ZNrdEZiaExJOXM2NnB1clVvQlNuSWdMR1E&hl=ja

ネットでできる計算フォームも作成しました。
http://ploop70.web.fc2.com/gfr.html

このような記事は基本的だけど曖昧だった知識を与えてくれるので本当に助かります。

↓医薬品・薬剤師に関するブログランキングです。クリックしていただけるとやる気が出ます。
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
人気ブログランキングへ

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 腎機能と薬物治療 日病薬誌

Giusti-Hayton法による腎不全患者への投与設計ノモグラム

腎障害患者への薬物投与量はKD診療ガイドに大体掲載されている。

掲載されていない医薬品の投与設計として、
Giusti-Hayton法があり、
じほうHPの
http://www.jiho.co.jp/guide/teisei/38316teisei/38316teisei2-2.pdf
↑のページにノモグラムが掲載されていたので引用。

Giusti-Hayton法のノモグラム

ノモグラムは視覚的にわかりやすい。
チアプリド(尿中未変化体排泄率71.7%)などはこれで投与量を確認してもよさそうだ。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 腎機能と薬物治療

カウンタ
プロフィール

テツ

Author:テツ
僻地の小規模病院の薬剤師です。


ブログ引っ越ししました。
https://bipop.net/

全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
タグ

日記・雑記 薬の豆知識 レビュー ジェネリック医薬品 薬の要点 薬の比較 便利 緩和ケア 気になる記事 降圧薬 腎機能と薬物治療 薬価 抗菌薬 利尿薬 鎮痛薬 雑誌「薬局」 漫画 アンケート 医療用麻薬 ジェネリック医薬品メーカー 調剤 日病薬誌 薬物動態 インターネット 音楽 ステロイド 抗うつ薬 エクセル 脳梗塞治療 喘息・COPD 薬の感想 薬剤管理指導 android 輸液 糖質制限 ハイリスク薬 抗不安薬 糖尿病 ローカルドラッグ 腎機能 ACCESS 新薬 医療安全 お得 簡易懸濁法 医薬品の価格 抗血小板薬・抗凝固薬 ワクチン 院内感染対策 薬の管理 育児 ゲーム 配合変化 点眼薬 名前の由来  病院機能評価 

最新コメント
*iphone アプリ 開発
*太陽光発電 ブログパーツ by Google Fan